Home アーカイブ室について 共同研究 学会発表 オーラルヒストリー 検索

ホーム >> 核融合アーカイブズ共同研究代表者会合を開催

核融合アーカイブズ共同研究代表者会合

2012 年12月4日(火)午後1:30〜5:00、核融合アーカイブ室において、「2012年度核融合アーカイブズ共同研究代表者会合」が開催されました。この会合は、アーカイブズに関係する共同研究の課題代表者が一堂に会して、各自の共同研究の進捗状況を報告・情報交換を行うことによって、アーカイブズに関係する共同研究全体を有機的に連携して共同研究の進展を図ることを目的として、毎年開催されているものです。今回は、12の共同研究課題全ての代表者(含む代理)の参加を得て、各々の進捗状況や課題を報告し合い、短い時間でしたが討論の機会を持つことが出来ました。当日のプログラムは、以下の通りでした。

2012年度核融合アーカイブズ共同研究代表者会合 プログラム

  1. はじめに
    井口春和 「核融合アーカイブ室、この一年の活動報告」
  2. 各研究課題の報告
    (1) 黒田 勉  プラズマ加熱装置と技術のアーカイブズのための資料収集
    (2) 西村博明  レーザー核融合研究における歴史的資料の収集と整理
    (3) 佐藤定男  核融合、加速器装置における大型超伝導・低温冷凍システムの現状アーカイブズ調査
    (4) 水内 亨  ヘリオトロン型磁場配位による核融合プラズマ研究に関する歴史的資料収集・整理
    (5) 植松英穂(代理=雨宮高久)  プラズマ・核融合分野における国際会議・国際交流に関する歴史の研究
    (6) 田島輝彦  核融合推進理由及び研究開発課題の変遷
    (7) 松田慎三郎  核融合研究開発プロジェクト立ち上げに関する資料の調査と整理

    *****休憩*****

    (8) 高岩義信  自然科学系アーカイブズの連携インターネット検索システムの開発
    (9) 難波忠清  アーカイブズ目録データベースの高度化
    (10) 木村一枝  オーラルヒストリ-の手法による核融合の歴史研究
    (11) 松岡啓介  歴史資料に基づく大学の核融合研究に関する一考察
    (12) 井口春和  核融合アーカイブの整備とその資料に基づく核融合の歴史研究 −INTOR−
  3. 総合討論  「日本の核融合研究アーカイブのための連携」


2012年度核融合アーカイブズ共同研究代表者会合
2012 年12月4日(火)

核融合科学研究所 核融合アーカイブ室
〒509-5292 岐阜県土岐市下石町322-6
Fusion Science Archives, National Institute for Fusion Science