核融合科学研究所 > おしらせ > イベント > 平成30年度市民説明会のご案内

お知らせ

核融合研究の進展と大型ヘリカル装置(LHD)の研究成果

 二酸化炭素増大による地球温暖化、石油や石炭などのエネルギー資源の枯渇が問題になっています。 これらを解決するためには、自然エネルギーの利用を拡大するだけでなく、安全な新しい基盤エネルギー源を開発することが求められています。
 核融合科学研究所は、大学共同利用機関という国立大学の仲間です。海水中にほぼ無尽蔵に含まれる資源を利用した核融合発電の実現をめざして、世界最先端の研究を進めるとともに、未来を担う学生の教育を行っています。
 研究所では、核融合発電をできるかぎり早く実現するため、大型ヘリカル装置(LHD)において、プラズマ性能を上げる重水素ガスを用いた実験(重水素実験)を昨年3月7日から開始いたしました。説明会では、重水素実験の安全性について説明し、最新の研究成果を紹介いたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
  日  時 場  所
土岐市 6月 25日(月) 19:30~21:00 下石公民館
26日(火) 19:30~21:00 妻木公民館
27日(水) 19:30~21:00 駄知公民館
7月  2日( 19:30~21:00 曽木公民館
10日(火) 19:30~21:00 肥田公民館
11日(水) 19:00~20:30 泉公民館
12日(木) 19:30~21:00 土岐津公民館
※ 場所により開催時間が異なります。
※ 事前の申込は必要ありません。

市民説明会ポスター 土岐市(PDF)

お問い合わせ先

核融合科学研究所 対外協力室
TEL: 0572-58-2222  E-mail:setsumeikai@nifs.ac.jp