核融合科学研究所 > おしらせ > イベント > 平成29年度市民説明会のご案内 > 市民説明会を開催しました

市民説明会を開催しました

 核融合科学研究所では、土岐市(7月10日(月)~7月25日(火))、多治見市(7月26日(水)~8月8日(火)、8月31日(木))及び瑞浪市(8月9日(水))において、「核融合研究の進展と大型ヘリカル装置(LHD)の研究成果」について、市民説明会を開催しました。
 12年目となる今年度の説明会には、土岐市7会場で127名、多治見市15会場で148名、瑞浪市1会場で28名の方にご参加をいただきました。説明会では、大型ヘリカル装置(LHD)を用いたプラズマ研究の内容と、今年の3月から開始した重水素ガスを用いた実験(重水素実験)の必要性、安全管理を含めた実施状況、及び1億度を超えるイオン温度を達成したこと等得られた研究成果などについて、説明いたしました。
 参加者の皆様からは、「核融合研究の必要性をもっとPRしてほしい。」というご要望をいただくとともに、「日本や世界の他の場所でも研究は行われているのか?」「来年度以降の実験計画は?」「地震や事故などがあった場合でも実験は安全なのか?」などといったご質問をいただきました。
 核融合科学研究所では、今後も市民の皆様への説明の場を定期的に設けていくとともに、より一層の情報公開に努めてまいります。

下石公民館(土岐市)
下石公民館(土岐市)
滝呂区民会館(多治見市)
滝呂台グリーンビレッジ第2集会所(多治見市)
瑞浪市総合文化センター(瑞浪市)
瑞浪市産業振興センター(瑞浪市)

市民説明会のページへ
説明会におけるご質問と返答の概要
説明会で使用したスライド