核融合システム研究系

助教 後藤 拓也

メールアドレス

goto.takuya

研究課題

核融合炉システム設計

研究内容

核融合炉のシステム設計に関する研究を行う。核融合炉は炉心プラズマ、超伝導コイル、ブランケット、ダイバータ、燃料システム等数多くの機器・システムの集合体であり、個々の要素性能の保証に加えて、これらの間の整合性を確保する必要がある。具体的には簡易なモデルでこれらを包括的に扱うシステムコードを用いた設計領域分析、運転制御シナリオ解析、3次元機器設計・解析などを通じた設計の最適化を対象とする。

主要論文
  1. T. Goto, J. Miyazawa, R. Sakamoto, Y. Suzuki, C. Suzuki, R. Seki, S. Satake, B. Huang, M. Nunami, M. Yokoyama, A. Sagara and the FFHR Design Group,Development of a real-time simulation tool towards self-consistent scenario of plasma start-upand sustainment on helical fusion reactor FFHR-d1,Nuclear Fusion, Vol.57, pp.066011(7pp), (2017).
  2. T. Goto, J. Miyazawa, R. Sakamoto, R. Seki, C. Suzuki, M. Yokoyama, S. Satake, A. Sagara and the FFHR Design Group,Integrated Physics Analysis of Plasma Start-up Scenario of Helical Reactor FFHR-d1,Nuclear Fusion, Vol.55, pp.063040(8pp), (2015).
  3. Takuya Goto, Teruya Tanaka, Masahiro Tanaka, Akio Sagara,Proposal of an MFE-IFE cooperative system for a steady-state tritium balance,Fusion Engineering and Design, Vol.87, pp.1286-1290, (2012).
  4. T. Goto, Y. Suzuki, N. Yanagi, K. Y. Watanabe, S. Imagawa, A. Sagara, Importance of helical pitch parameter in LHD-type heliotron reactor designs, Nuclear Fusion, Vol.51, pp.083045(8pp), (2011).
キーワード

興味を持っていること