核融合システム研究系

助教 濵地 志憲

メールアドレス

hamaji.yukinori

研究課題

プラズマ材料相互作用 プラズマ対向機器 イオンによる材料表面改質

研究内容

核融合炉でのプラズマ対向材料へのプラズマからの影響に関する研究を行っている。大きく分けて、プラズマから入射するイオンの材料中の挙動に関する研究と実用炉運転に向けたプラズマ対向機器の研究開発を主体とした研究を行っている。

主要論文
  1. Properties of carbon deposits on tungsten nano-structure, Y. Hamaji, K. Miyata, T. Wada, Y. Ohtsuka and Y. Ueda, Journal of Nuclear Materials 438 (2013) S949.
  2. Tritium trapping behavior in tungsten pre-irradiated with D, He, Ar and N plasmas, Y. Hamaji, Y. Torikai, H. T. Lee, Y. Otsuka and Y. Ueda, Physica Scripta, T159 (2014) 014151.
  3. ACT2: a high heat flux test facility using electron beam for fusion application, Y. Hamaji, M. Tokitani, S. Masuzaki, R. Sakamoto, H. Tamura, A. Sagara, Plasma and Fusion Research, 11, (2016) 2405089,
  4. Gaseous tritium uptake by C deposition layer on tungsten, Y. Hamaji, Y. Torikai, K. Sugiyama, H. T. Lee and Y. Ueda, Journal of Nuclear Materials, 463 (2015) 1017-1020.
  5. Structure of C deposition layers under various deposition conditions, Y. Hamaji, T. Wada, H. T. Lee, Y. Ohtsuka and Y. Ueda,Fusion Science and technology, 63 (2013) 371.
キーワード

プラズマ材料相互作用

興味を持っていること

プラズマ