高密度プラズマ物理研究系

教授 森田 繁

メールアドレス

morita.shigeru

研究課題

LHDおよびトカマクでの分光計測と不純物輸送

研究内容

ITER装置への予備実験として多くのトカマク装置でタングステンダイバータ実験が行われている.タングステンはこれまで用いられてきたカーボンと異なり,プラズマ中での衝突頻度が非常に大きく,プラズマ中での輸送もこれまでの軽元素不純物とは大きく異なる.また,放射損失も巨大となる.これらを背景として,不純物輸送がタングステンを中心として注目を集めている.また,ヘリカル装置やトカマクのRMP磁場印加時の周辺部の統計的磁場領域での特徴的な不純物輸送にも不純物制御という観点から研究が盛んになっている.具体的な研究内容は 1.LHDおよびトカマク(EAST,HL-2A)を利用したタングステンスペクトル解析 2.LHDおよびトカマクでのタングステンを中心としたコア部不純物輸送及びその抑制法の研究 3.LHDおよびトカマク(RMP印加時)の周辺統計的磁場領域での不純物輸送 4.不純物およびリサイクリング制御を基盤とした高性能定常プラズマの実現

主要論文
  1. Vertical profiles and two-dimensional distributions of carbon line emissionfrom C2+ - C5+ ions in attached and RMP-assisted detached plasmas of larghelical device, H.M.Zhang, S.Morita, S.Y.Dai, T.Oishi, M.Goto, X.L.Huang, G.Kawamura, M.Kobayashi, Y.Liu, I.Murakami, Y.Narushima, Physics of Plasmas 24, 022510 (2017)
  2. Formation of impurity transport barrier in LHD plasmas with hollow density profile, X.L.Huang, S.Morita, T.Oishi, I.Murakami, M.Goto, H.M.ZhangY.Liu, Nuclear Fusion 57, 086031 (2017)
  3. Observation of carbon impurity flow in the edge stochastic magnetic field layer of Large Helical Device and its impact on the edge impurity control, T.Oishi, S.Morita, S.Y.Dai, M.Kobayashi, G.Kawamura, X.L.Huang, H.M.Zhang, Y.Liu, M.Goto, Nuclear Fusion 58, 016040 (2018)
  4. Component investigation of ionization stages on tungsten unresolvetransition array spectra for plasma diagnostics based on space-resolveextreme-ultra violet spectroscopy in large helical device, Y.Liu, S.Morita, X.L.Huang, T.Oishi, M.Goto, H.M.Zhang, Journal of Applied Physics 122, 233301 (2017)
  5. Suppression of tungsten accumulation during ELMy H-mode by lower hybrid wave heating in the EAST tokamak, L.Zhang, S.Morita, Z.Xu, P.F.Zhang, Q.Zang, Y.M.Duan, H.Q.Liu, H.L.Zhao, F.Ding, T.Ohishi, W.Gao, J.Huang, X.D.Yang, Y.J.Chen, Z.W.Wu, P.Xu, B.J.Ding, C.D.Hu, X.Z.Gong, J.L.Chen, L.Q.Hu, EAST team, Nuclear Materials and Energy 12, 774 (2017)
キーワード

不純物輸送,プラズマ分光,閉じ込め改善

興味を持っていること

タングステンのスペクトル解析と不純物輸送,トカマクとの共同研究