基礎物理シミュレーション研究系

助教 森高 外征雄

メールアドレス

moritaka.toseo

研究課題

ジャイロ運動論シミュレーションのLHD周辺領域への応用

研究内容

微視的なプラズマの挙動は、乱流輸送を通じて核融合プラズマ全体の閉じ込め性能に影響を与えることが知られている。これまで炉心部分の乱流輸送解析に用いられてきたジャイロ運動論シミュレーションを、ヘリカル閉じ込め装置の炉壁部分まで拡張することで、炉心の高温領域から炉壁との接触面に至るまでのプラズマ/熱輸送の全体像を捉えることを目標としている。そのために、(i) 炉壁近傍の乱れた磁力線におけ る荷電粒子の運動論的扱い、(ii) 中性ガスや不 純物のイオン化を伴った乱流輸送、(iii) 開いた磁力線の端点における静電ポテンシャルの効果、といった問題を検討している。

主要論文
  1. Anomalous resistivity due to kink modes in a thin current sheet, T Moritaka, R Horiuchi, H Ohtani, Physics of Plasmas 14, 102109 (2007)
  2. Momentum transfer of solar wind plasma in a kinetic scale magnetosphere, Toseo Moritaka, Yoshihiro Kajimura, Hideyuki Usui, Masaharu Matsumoto, Tatsuki Matsui, and Iku Shinohara, Physics of Plasmas 19, 032111 (2012)
  3. Plasma particle-in-cell simulations with QED reactions for pair production experiments using a high-Z solid target, Toseo Moritaka, Luca Baiotti, An Lin, Li Weiwu, Youichi Sakawa, Yasuhiro Kuramitsu, Taichi Morita and Hideaki Takabe, Journal of Physics: Conference Series 454, 012016 (2013)
  4. Spontaneous focusing of plasma flow in a weak perpendicular magnetic field, Toseo Moritaka, Yasuhiro Kuramitsu, Yao-Li Liu, and Shih-Hung Chen, Physics of Plasmas 23, 032110 (2016)
  5. Roles of ion and electron dynamics in the onset of magnetic reconnection due to current sheet instabilities, Toseo Moritaka and Ritoku Horiuchi, Physics of Plasmas 15, 092114 (2008)
キーワード

プラズマ運動論、粒子シミュレーション、周辺プラズマ

興味を持っていること