装置工学・応用物理研究系

教授 西村 清彦

メールアドレス

nishimura.kiyohiko

研究課題

大気圧高周波放電によるトリチウムの除染

研究内容

本研究は、大気圧下の高周波放電で生成される高密度活性原子によるプラズマ化学反応を利用したトリチウム除染の研究である。効率の良いトリチウム除染手法の一つとして化学除染法があるが、被除染物を酸性溶液に浸し溶解させるため、トリチウムを含む二次廃棄物の発生が問題となる。そこで、簡易で被除染物の形状に依存せず、二次廃棄物の発生の少ない除染方法として、大気圧高周波放電によるプラズマ化学反応を用いたトリチウムの除染方法の実現を目指す。

主要論文
  1. Kiyohiko Nishimura, Hirokuni Yamanishi and Akio Komori, “Activation Analysis for LHD Experiments with Deuterium Gases”, Journal of Plasma and Fusion Research, Vol. 3 (2008), pp.S1024-1~S1024-5
  2. Nishimura, K., Takatsuka, K.,et. al.,“Absorption and desorption characteristics of hydrogen isotopes implanted into stainless steel by glow discharge and baking”, Fusion Science and Technology, vol.60 (2011), pp. 1503-1506
  3. NISHIMURA K, ASHIKAWA N, et. al.,Effects of Boronization in LHD, Journal of Plasma and Fusion Research, Vol. 79(12), (2003), pp.1216-1217
  4. Nishimura, K., Ashikawa, et al., “Development of the plasma operational regime in the large helical device by the various wall conditioning methods”, Journal of Nuclear Materials, vol.337-339 (2005), pp. 431-435
  5. Nishimura, K., Kawahata, et. al., “Confinement and gas fueling in LHD limiter discharges”, Journal of Nuclear Materials, vol.313-316,(2003), pp. 952-955
キーワード

ボロニゼイション、 壁コンディショニング、 重水素実験

興味を持っていること

壁コンディショニング, 閉じ込め改善, 除染