核融合理論シミュレーション研究系

准教授 沼波 政倫

メールアドレス

nunami.masanori

研究課題

磁場閉じ込めプラズマ輸送の運動論的シミュレーション研究

研究内容

磁場閉じ込めプラズマや実験室プラズマの運動論的な振る舞いに関するコンピュータシミュレーション研究を進めている。特に炉心プラズマの乱流輸送現象を理解に向け、国内外の大型計算機による大規模シミュレーションを中心に研究を進めるが、発展が目覚ましい最新の計算機を効率的に利用する上で必須となる新しい計算技術手法の開発にも積極的に取り組んでいる。

主要論文
  1. Gyrokinetic turbulent transport simulation of a high ion temperature plasma in large helical device experiment, M Nunami, TH Watanabe, H Sugama, K Tanaka, Physics of Plasmas 19 (4), 042504 (2012).
  2. Gyrokinetic Vlasov code including full three-dimensional geometry of experiments, M Nunami, TH Watanabe, H Sugama, Plasma and Fusion Research 5, 016-016 (2010).
  3. Microinstabilities in hydrogen-and helium-dominated multi-ion-species plasmas in LHM Nunami, M Nakata, H Sugama, K Tanaka, S Toda, Plasma Physics and Controlled Fusion 59 (4), 044013 (2017).
  4. Linear gyrokinetic analyses of ITG modes and zonal flows in LHD with high ion temperaturM Nunami, TH Watanabe, H Sugama, K Tanaka, Plasma and Fusion Research 6, 1403001-1403001 (2011).
  5. A reduced model for ion temperature gradient turbulent transport in helical plasmaM Nunami, TH Watanabe, H Sugama, Physics of Plasmas 20 (9), 092307 (2013).
キーワード

プラズマ運動論、ジャイロ運動論、大規模シミュレーション

興味を持っていること