高密度プラズマ物理研究系

助教 武村 勇輝

メールアドレス

takemura.yuki

研究課題

ヘリカルプラズマにおけるMHD平衡と安定性に関する実験研究

研究内容

ヘリカル型磁場閉じ込め核融合炉の炉心プラズマでは、抵抗性交換型MHD不安定性が閉じ込め性能の劣化を招くと予測されているため、炉設計の観点から、抵抗性交換型不安定性が炉心プラズマの閉じ込め性能に与える影響を定量的に予測しなければならない。そのために、(i)抵抗性交換型不安定性の飽和状態を決定する物理機構の解明、(ii)その飽和状態の抵抗性不安定性が到達可能ベータ値や輸送特性に与える影響について研究を進めている。

主要論文
  1. Experimental Study on Slowing-Down Mechanism of Locked-Mode-Like Instability in LHD, Y. Takemura, Plasma Fusion Res. 12, 1402028 (2017)
キーワード

MHD平衡・安定性、揺動解析

興味を持っていること