核融合理論シミュレーション研究系

准教授 登田 慎一郎

メールアドレス

toda.shinichiro

研究課題

輸送シミュレーションのための、ジャイロ運動論に基づく輸送モデル構築

研究内容

輸送解析を行う際に、乱流輸送係数を定量的に評価する必要がある。ジャイロ運動論解析を行い、電磁的な扱いにより、輸送係数モデルのvalidationを行う。電磁的ジャイロ運動論方程式解析による簡約化輸送モデルの導出を行う。LHD高イオン温度モードを対象として、多数の波数モードを取り、運動論的電子を用いた場合に、電子、イオン熱拡散係数や粒子拡散係数について、簡約化輸送モデルを導く。

主要論文
  1. S. Toda, M. Nakata, M. Nunami, A. Ishizawa, T. -H. Watanabe and H. Sugama,A Reduced Transport Model for Ion Heat Diffusivity by Gyro-Kinetic Analysis with Kinetic Electrons in Helical Plasmas,Plasma and Fusion Research, Vol. 12, 1303035 (2017)
  2. S, Toda, M. Nunami, A. Ishizawa, T. -H. Watanabe and H. Sugama,How to apply a turbulent transport model based on a gyrokinetic simulation for the ion temperature gradient mode in helical plasmas, Journal of Physics: Conference Series, 561 012020 (2014)
  3. S. Toda and K. Itoh,Study of the electric field pulsation in helical plasmas Plasma Phys. Control. Fusion Vol. 53 115011 (2011)
キーワード

キーワード

興味を持っていること