高密度プラズマ物理研究系

准教授 吉村 信次

メールアドレス

yoshimura.shinji

研究課題

HYPER-I装置を用いたプラズマ基礎実験,光渦を用いたレーザー計測の開発,大気圧プラズマの生体応用

研究内容

直線型高密度プラズマ発生装置HYPER-Iを用いてプラズマの基礎実験を行っている。特に磁化プラズマ中における大規模流れ構造の自発的形成に注目している。この研究と関連して、新しい流れ計測法として、光渦レーザーを用いたドップラー分光法の開発を行っている。また、近年医療・農業分野への応用が盛んな非平衡大気圧プラズマをの植物種子や酵母への照射効果を基礎生物学研究所との共同研究として調べている。

主要論文
  1. Asymmetry of velocity distribution function and inhomogeneity-induced floassociated with neutral depletion structure in an ECR plasma, K. Terasaka, M. Hattori, K. Ogiwara, S. Yoshimura, M. Aramaki, A. Okamoto, and M. Y. Tanaka, Physics of Plasmas 23, 112120 (2016)
  2. Exploration of spontaneous vortex formation and intermittent behavior in ECR plasmas: the HYPER-I experiments, S. Yoshimura, K. Terasaka, E. Tanaka, M. Aramaki, A. Okamoto, K. Nagaoka and M. Y. Tanaka, Journal of Plasma Physics 81, 345810204 (2015)
  3. Intermittent behavior of local electron temperature in a liner ECR plasma, S. Yoshimura, K. Terasaka, E. Tanaka, M. Aramaki, and M. Y. Tanaka, Plasma and Fusion Research 10, 3401028 (2015)
  4. Localized Intermittent Electron Flux in an ECR Plasma, S. Yoshimura, K. Terasaka, E. Tanaka, M Aramaki, and M. Y. Tanaka, IEEE Transactions on Plasma Science 42, 2554 (2014)
  5. Impurity shielding criterion for steady state hydrogen plasmas in heliotron type device LHD, Y. Nakamura, M. Kobayashi, S. Yoshimura, N. Tamura, M. Yoshinuma, K. Tanaka, C. Suzuki, B. J. Peterson, R. Sakamoto, T. Morisaki, and LHD experiment group, Plasma Physics and Controlled Fusion 56, 075014 (2014)
キーワード

HYPER-I、光渦レーザー、大気圧プラズマ

興味を持っていること

プラズマ、物理、数学、読書、ギター、ビール