イオン温度8000万度のプラズマ

HOME > 研究活動 > 日米科学技術協力事業 > 日米事業の旅費支給手続きについて<海外>

日米科学技術協力事業
日米事業の旅費支給手続きについて<海外>

 本事業は日本学術振興会の経費負担で実施されますが、旅費支給は自然科学研究機構核融合科学研究所が代行します。
 キーパーソンを通じて実施計画書が提出されたら、核融合科学研究所ビジターセンターより出張依頼をお送りします。事務手続きのため、下記の書類を提出してください。
  ※前後に別用務がある場合は、「日米事業における別用務について」をご覧ください。

【提出書類】

所属事務局による提出書類
渡航前 所属機関長による派遣同意書  
派遣研究者による提出書類
渡航前 日程表  
承諾書 他機関所属職員のみ
航空運賃見積書・フライトスケジュール  
海外旅行保険連絡票

他機関所属職員のみ

誓約書 学生のみ
帰国後 航空運賃領収書  
航空券の半券  
公共交通機関の領収書等 市をまたぐ米国国内移動があった場合のみ
宿泊証明書 国内宿泊分のみ
帰国後
20日以内
事業報告書 ワークショップは実施責任者のみ

 

平成24年10月1日以降の出張については、帰国後にパスポートの写しを提出する必要が無くなりました。

派遣研究者は核融合研で費用負担のうえ海外旅行保険に加入します。<平成26年度より>

派遣研究者の所属機関における海外渡航に係る事務手続は、別途行ってください。
日米事業から支給できるのは旅費のみです。ワークショップ等の参加料は支給できません。なお、米国入国に必要なESTA申請に係る費用については、旅費として支給できますので、支給を希望する場合は事前にお問い合わせください。

【提出先】
〒509-5292 岐阜県土岐市下石町322-6
核融合科学研究所 研究支援課国際支援係
TEL: 0572-58-2848, 2045
FAX:0572-58-2603
e-mail:kokusaishien@nifs.ac.jp