イオン温度8000万度のプラズマ

HOME > 研究活動 > 日米科学技術協力事業 > 日米事業における別用務について

日米科学技術協力事業
日米事業における別用務について

 日米事業の派遣期間中はその研究の遂行に従事しなければならず、出張中に付加用務に携わることは認められません。やむを得ず他の用務を伴う必要がある場合は、用務日程を分けることで対応します。(往復の航空運賃を日米事業で支出し、途中に他の用務を入れる、ということはできません)
 他の用務がある場合には、機関の事務担当者と連絡を取り、用務の区切りを調整します。 

○別用務がある場合の提出書類について

所属事務局による提出書類
渡航前 所属機関長による派遣同意書  
精算前 別用務の内容のわかるもの
(旅費計算書等)
旅費の二重払いを避けるため
派遣研究者による提出書類
渡航前 日程表(別紙1) 別用務を含めた旅行全体について記載してください。
承諾書(別紙2) 他機関所属職員のみ
航空運賃見積書・内訳明細・フライトスケジュール 日米事業で負担する金額。経費節減のため、航空券は往復で購入してください
誓約書 学生のみ
帰国後 航空運賃領収書 日米事業で負担する金額
航空券の半券の原本 日米事業で負担する全行程分
航空券の半券の写し 別用務での出入国に係る行程分
公共交通機関の領収書等 米国国内移動がある場合
宿泊証明書 国内宿泊分のみ
帰国後
20日以内
事業報告書 ワークショップは実施責任者のみ

【提出先】
〒509-5292  土岐市下石町322-6
核融合科学研究所 管理部
研究支援課国際支援係
tel : 0572-58-2045,2848 fax : 0572-58-2603
e-mail : kokusaishien@nifs.ac.jp