学生の感想 見学・実習の様子


愛知県  向陽高校(1) (30名)

●事前講義● (8月10日)
【1】 講義を聞いて資源の大切さをあらためて感じた。新しいエネルギーを探すことや、もっとエネルギーの使用を少なくしていくことが大切だと思った。
【2】 「宇宙の99%はプラズマである」というのは今まで聞いたことがなかったのでびっくりしました。
【3】 エネルギー資源や環境についての話から核融合発電の必要性などにつながっていったため、学校で習ったことなども思い出しながら、スムーズに講義に入っていくことができました。
【4】 これからの地球のためにも、できるだけ早く研究を進めてもらって、実用化できる日が早く来るといいなと思いました。
【5】 初めて聞いたことや、知らなかったことがたくさんあり、核融合やプラズマなどについてよく理解することができた。
【6】 ぼくたちは、まだ生物しかやってなくてよく分からなかったけど、今まで知らなかったことをたくさん学ぶことができてとてもよかったです。地球温暖化はホントに深刻な問題だと思うので、早く核融合発電が実現してほしいと思いました。
●見学及び実習● (8月10日)
【1】 LHDは資料で見ているより実際に見たほうが迫力があって、やはり百聞は一見にしかずで身に染みて感じました。
【2】 電子顕微鏡はとても小さいところまで見ることができるだけでなく、観察物が何の元素で構成されているかまでわかってしまうなんてとてもすごいと思った。
【3】 720tのギネスにのるような扉はすごいと思った。装置はとても大きくて、すごいことになっていた。
【4】 実際に核融合の施設を見て、予想以上に大きく複雑だったので驚くことがたくさんあった。プラズマには、けっこう前から興味を持っていたので、好奇心を持って話を聞くことができた。
【5】 かなり大きな施設で、こんなにすばらしくて、最先端のものが見られて感動したし、とてもいい経験になったと思う。ここに来なかったら、核融合のことを詳しく理解できなかったので感謝している。分光器もおもしろかった。
【6】 LHD室が大きくて、壁がとても厚かったのがすごかった。プラズマをすぐ近くで見られることができて、良かったです。
上へ



愛知県  向陽高校(1) (平成19年8月10日)
         
                   
         
                   
         
                   
上へ





[an error occurred while processing this directive]