学生の感想 見学・実習の様子


愛知県  向陽高校(2) (28名)

●事前講義● (8月21日)
【1】 エネルギー問題や環境問題についてよく考えてみようと思いました。
【2】 事前に調べたときよりも、実際研究所で研究している先生にお話をきくことが出来、よかったと思うし、新エネルギーについて更に興味がわきました。
【3】 プラズマで、銀河の99%がプラズマだということで、気体の次がプラズマ、それをつくるには高熱・高密度ということで、宇宙はどうなっているのかなぁと思いました。
【4】 原子力発電との違いが最初よく分からなかったのですが、講義によりその違いが分かりました。
【5】 核融合のことを知って、新たな発電のことが分かった。大きなエネルギーがつくれるのがすごいと思った。
【6】 近い将来、化石燃料が枯渇してしまうことはとても大きな問題で、核融合の技術が進んでいくことが必要だと思った。ちゃんと世界と協力して地球温暖化に対して対策をとっているということも分かった。プラズマが意外に身近にあるということも分かった。今くらいの年代から環境問題に興味をもち、真剣に考える必要があると思った。
●見学及び実習● (8月21日)
【1】 万博で超伝導については見たことがあったが、そのときはよく理解できなかったが、ここで理解できてよかった。
【2】 ドアも重さでギネスにのっていたり、壁・床が2mの厚さもあったりと、少し出る放射線対策も万全でスゴイなあ!と思いました。
【3】 自分でプログラムするのがとてもおもしろく、自分で変えてそれが動いているのが見られてよかったです。
【4】 プログラミングをどうやってやるのかよく分かりました。数字を少しかえるだけで、全然違う動きになるというのでおもしろかった。
【5】 装置は大きいものだと思ってはいたけど、実際かなり大きくてびっくりした。
【6】 プラズマに関わる装置はとても大きく頑丈で二重構造のものもあり、とても安全に配慮していると思った。実習で身近なところから、社会に役立つ大きな発見ができるということが分かった。
【7】 実習して、水を回転させるだけでまん中だけ熱することができるのがびっくりしたし、分かっておもしろかった。装置見学では、ヘリカル装置などいろいろな装置を見られてよかったです。
【8】 大型ヘリカル装置はとても大きく、複雑な構造で、プラズマを閉じ込めることの難しさが分かった。超伝導現象の実験は、超伝導現象や超伝導材料の不思議なところがよくわかった。このような性質を応用して、いろいろなことができると知った。
上へ



愛知県  向陽高校(2) (平成19年8月21日)
         
                   
         
                   
         
                   
上へ





[an error occurred while processing this directive]