HOME > おしらせ > イベント > オープンキャンパス(一般公開)を開催

イベント
オープンキャンパス(一般公開)を開催

 核融合科学研究所は、11月9日(土)に核融合研究への理解と最先端の科学に興味を持ってもらうことを目的として、「世界に誇るプラズマ科学の最先端」をテーマに、オープンキャンパス(一般公開)を開催しました。
 オープンキャンパスには、家族連れを中心に約2,000人が来所し、世界最大のヘリカル型プラズマ閉じ込め実験装置 (LHD)や各研究施設の見学、公開講座、マイクロ波で焼くセラミック折り紙、科学工作・実験コーナー、クイズラリー等の企画に、親子で楽しく参加する姿が多数見受けられました。
 また、今年度も研究者による公開講座を実施し、第Ⅰ部では、昨年度に引き続き「はじめての核融合」と題し、イラストを用いて、核融合の仕組みをやさしく解説しました。第Ⅱ部では、「星と海からのエネルギー」と題し、将来の核融合炉での発電の仕組みについて、分かりやすく紹介しました。会場一杯の来場者は熱心に耳を傾け、講演後は、盛んな質疑応答が行われました。

photo:公開講座 photo:施設見学(大型ヘリカル装置)
公開講座 施設見学(大型ヘリカル装置)
photo:施設見学(大型ヘリカル装置模型) photo:施設見学(スーパーコンピュータ)
施設見学(大型ヘリカル装置模型) 施設見学(スーパーコンピュータ)
photo:プラズマボール体験コーナー photo:磁気浮上列車(リニアモーターカー)実演
プラズマボール体験コーナー

磁気浮上列車(リニアモーターカー)実演