HOME > おしらせ > イベント > Fusion フェスタ in Tokyo 2018

イベント

Fusion フェスタ in Tokyo 2018を開催

 核融合科学研究所は、「Fusion フェスタ in Tokyo 2018-核融合!未来を創るエネルギー-」と題したイベントを5月3日に日本科学未来館(東京都江東区青海)において開催しました。
 核融合科学研究所では、毎年秋に開催するオープンキャンパス(一般公開)とは別に、岐阜県土岐市にある研究所や、大きく進展している核融合研究についてより広く知ってもらうため、本イベントを平成22年度から毎年東京で開催しています。
 当日は、約80名の教職員がイベント会場に集合し、鈴木博氏(三菱重工(株)民間機セグメント民間機事業部生産管理部マネージングエキスパート)による特別講演が行われました。他にも、研究所とのライブ中継を交えた竹入所長の講演や、家族連れ向けのわかりやすい講演が実施されました。また、小中学生から高校生までの子どもたちにも楽しめる各種科学体験教室や科学工作教室などが行われ、家族連れを中心に過去最高の約2,650名の入場者がありました。来場者からは、「核融合についての理解が進んだ」「子どもも一緒に楽しむことができた」などの声が寄せられました。

科学体験教室の様子 科学工作教室の様子
 
核融合研究について説明する竹入所長