HOME > おしらせ > イベント > イノベーション・ジャパン2019に出展

イベント
イノベーション・ジャパン2019に出展

 核融合科学研究所は、8月29日から30日にかけて、核融合研究で得た最先端の研究成果・技術の産業への応用や、その広報活動を目的として、東京ビックサイト(青海展示棟Bホール)で開催されたイノベーション・ジャパン2019(主催:科学技術振興機構(JST)、新エネルギー・産学技術総合開発機構(NEDO))に出展しました。
 本研究所からは昨年度の出展に続いて、今回は2ブースを出展し、時谷政行准教授による「ミクロ組織を制御するアルミナ分散強化銅の先進的ろう付接合」をテーマに、接合界面のミクロ組織を制御することで、アルミナ分散強化銅と被接合金属を強靭に接合させる技術について、土屋隼人助教による「結像光学系のないマイクロ波カメラ」をテーマに、プラズマ物理研究のために開発した多チャンネル高速同時計測ができるマイクロ波カメラを応用して、空間スキャンをすることなしに画像を再構成する技術について、それぞれ展示紹介を行いました。
 企業を含む多数の来場者から、展示についての質問が寄せられたほか、資料の提供を求められるなど、同研究所の有するシーズ技術への強い関心がうかがえ、今回の出展も、企業ニーズとのマッチングを直接行うことができる貴重な機会となりました。

来場者の質問に答える土屋助教(右) ショートプレゼンテーションを行う時谷准教授