HOME > プラズマ真空容器内見学会を開催

イベント
プラズマ真空容器内見学会を開催

 核融合科学研究所では、8月11日に、大型ヘリカル装置(LHD)の真空容器内見学会を開催しました。この見学会は、LHDのメンテナンス期間に合わせて、プラズマが生成される真空容器の内部を特別に一般公開するイベントで、今年で4回目となります。
 今回は、昨年11月に開催した研究所のオープンキャンパスと、今年5月に東京で開催した「Fusion フェスタin Tokyo」で参加者を募集し、応募のあった63組163名の中から、抽選で選ばれた3組計7名が見学しました。
 クリーンルームウェアに着替えて、普段は見ることができない真空容器の中を体験した参加者からは、「貴重な体験ができて良かった。次回のオープンキャンパスにも参加したい。」などの感想をいただきました。

(LHDの真空容器内での記念撮影)