[ English ]


大型高磁場超伝導マグネットシステム研究
 
 核融合炉の大規模超伝導マグネットシステムには、100 kA級の大電流高性能超伝導導体が要求されます。そこで、金属系低温超伝導材料であるニオブ3スズ、ニオブ3アルミや、酸化物系高温超伝導材料のイットリウム系などの線材を最適に組み合わせた大電流導体の設計研究を行っています。また、極低温、強磁場や中性子照射などによる超伝導マグネット材料の特性の研究を実環境試験によって進めています。  一方、核融合装置の大型超伝導コイルでは、巻線導体やコイル容器に巨大な電磁力が印加されます。電磁力によって材料にかかる応力を正確に評価し、安全に支持する構造の研究しています。合わせて、超伝導マグネットシステムの巻線・製作方法についての工学設計を進めています。

(a)アルミニウム合金製のジャケットに納められたニオブ3スズ大電流高磁場超伝導導体、(b)酸化物系高温超伝導線材を用いた10kA級導体


9テスラの強磁場環境を発生する超伝導スプリットコイル
サンプルには75kAの通電が可能


National Institute for Fusion Science