[ English ]


低放射化構造材料研究
 

 ブランケットに用いる構造材には、中性子照射によって生じる 誘導放射能の減衰が早い材料(低放射化材料)を用いる必要があり、代表的な候補材であるバナジウム合金の開発に取り組んでいます。低放射化バナジウム合金共通材料(NIFS-HEAT)を製作し、大学と協力してその特性評価とコンポーネント開発に向けた試作研究、高温下強度特性の更なる改良に向けた基礎研究などを進めています。これまでの実験で、高密度の析出を発生させ強度を高めることにより、時間によって変形が増大していくクリープ現象を抑制できることがわかりました。




微小試験片用高温クリープ試験装置
(バナジウム合金用に超高真空雰囲気で800℃までの高温試験が可能)

National Institute for Fusion Science