HOME > 重水素実験について > 第9回重水素実験計画関連報告 

重水素実験について
核融合科学研究所重水素実験安全評価委員会

 第9回安全評価委員会が平成24年1月31日(火)に核融合科学研究所において開催されました。委員会は午後1時30分から3時50分まで行われ、9名の委員が出席されました。他にオブザーバーとして関係自治体から4名の方が出席されました。本委員会は公開されており、今回は自治体の関係者6名が傍聴され、また、報道関係では3社が取材に来られました。
 委員会では、前回会議要旨(案)の確認の後、前回の委員会での議論をもとに研究所が修正した、東日本大震災を教訓として再検討した安全管理計画の修正案及び管理区域の設定他の修正案が審議されました。これらについての研究所側からの説明に対して、委員からは活発な質疑応答が行われ、それらの内容について確認されました。そして、委員会として答申する審議のまとめについて、前回の委員会の後ワーキンググループで検討された原案をもとに審議が行われ、欠席した委員からのコメントも取り入れてまとめ案が作成されました。
 また、文言等を修正した最終的なまとめ案は、片山委員長と百島委員(議長代理)に一任することが決まりました。

 

photo:核融合科学研究所重水素実験安全評価委員会

 

配付資料

資料1 核融合科学研究所重水素実験安全評価委員会(第8回)会議要旨 (案)
資料2 東日本大震災を受けて再検討した大型ヘリカル装置における重水素実験の安全管理計画(案)(説明用)
  1.再検討した安全管理計画の修正案
  2.再検討した管理区域の設定他の修正案

当日の会議録