HOME > おしらせ > 核融合科学研究所の研究活動における不正行為防止への対応

核融合科学研究所の研究活動における不正行為防止への対応
核融合科学研究所では、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン 」(平成26年8月26日付け文部科学大臣決定)を踏まえ、以下のとおり研究活動における不正行為の防止に対応しています。

不正行為防止体制を明確にしています。

行動規範に従い研究活動を行っています

 核融合科学研究所では、日本学術会議の提案する科学者の行動規範(平成25年1月改訂版)に準拠し、かつ、自然科学研究機構研究者行動規範を踏まえた「核融合科学研究所研究者行動規範」を策定しています。

基本方針や規定を定めて不正防止及び不正への対応を厳正に図っています

不正行為防止への取り組みは、「大学共同利用機関法人自然科学研究機構研究活動上の不正行為を防止するための基本方針」及び「核融合科学研究所不正行為等防止に関する規則」に基づき対応しています。

関係者の意識向上を図っています

研究データを保存することにより、不正防止の抑止を図っています

告発等の取扱い及び調査の透明化を図っています

情報発信・共有化を推進しています