HOME > おしらせ > プレスリリース > 【速報】第8回核融合エネルギー連合講演会で、本研究所職員・学生が若手優秀発表賞を受賞

プレスリリース
【速報】第8回核融合エネルギー連合講演会で、本研究所職員・学生が若手優秀発表賞を受賞

 平成22年6月10〜11日に岐阜県高山市にて開催された「第8回核融合エネルギー連合講演会〜新たなエネルギー革命を起こす科学技術“核融合”〜」において、優秀な発表を行った若手に授与される若手優秀発表賞を本研究所の職員ならびに大学院生が受賞しました。
  本講演会は、核融合エネルギー研究の意義と展望についての広範な議論を行うとともに、広く社会に情報を発信することを目的として、(社)プラズマ・核融合学会と(社)日本原子力学会とが隔年で主催している学術会合です。

(参考HP) http://www.jspf.or.jp/8rengo/contents55.html

受賞者と発表講演題目は以下の通りです。

  • 中野治久 助教
    『セシウム添加型水素負イオン源の電極近傍プラズマ特性(2) 〜水素負イオン計測〜』
  • 時谷政行 助教
    『タングステンダイバータタイルのLHDにおけるプラズマ壁相互作用』
  • Jyoti Shankar Mishra(総合研究大学院大学)
    『Stereoscopic observation of pellet ablatant in LHD』
  • 松岡清吉(総合研究大学院大学)
    『モンテカルロδf法による電子新古典輸送の計算』