HOME > 火災事故対策委員会が最終報告をまとめました

プレスリリース
火災事故対策委員会が最終報告をまとめました

 平成27年9月24日に、核融合科学研究所火災事故対策委員会の委員長から、竹入康彦核融合科学研究所長に最終報告が提出されました。

 核融合科学研究所火災事故対策委員会は、平成27年8月4日に研究所の大型ヘリカル実験棟ヘリウム液化冷凍機室で火災事故が発生したことに対し、このような火災事故を繰り返すことのないように、再発防止策等を検討するために設置された委員会です。

 研究所では、平成27年9月9日、9月10日、及び9月13日に、研究所近隣の地元市民に対して、火災事故、再発防止策、及び作業再開についての説明会を開催するとともに、関係県市に説明を行いました。
  これらの状況を踏まえ、核融合科学研究所火災事故対策委員会は、9月11日及び9月16日に、平成27年8月25日にまとめた中間報告を基に、作業を安全に再開するための火災事故対策についての最終報告を取りまとめました。