HOME > おしらせ > プレスリリース > 研究プロジェクト成果報告会を開催

プレスリリース
研究プロジェクト成果報告会を開催

 核融合科学研究所では、6月12日から14日にかけて、平成28年度の研究成果を総括する「研究プロジェクト成果報告会」を開催しました。

 今回の成果報告会では、平成29年3月から開始した重水素実験の最新の研究成果も発表され、初日に行われた、竹入所長の挨拶及び森﨑研究総主幹のLHD計画プロジェクト研究成果の説明の際には立ち見も出る盛況ぶりで、研究者らの注目度の高さが伺えました。また、他のプロジェクトの、数値実験炉研究からは壁材料のシミュレーション技法開発等について、核融合工学研究からは熱・物質流動ループ装置Oroshhi-2を活用した液体金属の電磁ブレーキ効果に関する実験等について、それぞれ研究成果の発表がありました。

 成果報告会には、本島 修 ITER名誉機構長や金子 修 自然科学研究機構理事らをはじめ、所内外延べ300名以上の研究者が参加しました。発表内容についての活発な質疑応答も行われ、今後の更なる研究成果に寄せられる期待が会場に満ちていました。

開会の挨拶を行う竹入核融合科学研究所長
開会の挨拶を行う竹入核融合科学研究所長
森﨑LHD計画研究総主幹によるLHD計画プロジェクトの研究成果の説明
森﨑LHD計画研究総主幹によるLHD計画プロジェクトの研究成果の説明