HOME > おしらせ > プレスリリース > 名古屋大学大学院理学研究科との間で連携・協力に関する協定書及び教育研究に関する覚書を締結

プレスリリース

 大学共同利用機関法人自然科学研究機構核融合科学研究所と国立大学法人名古屋大学大学院理学研究科との間で、連携・協力に関する「協定書」及び教育研究に関する「覚書」を締結し、調印式が平成29年12月21日(金)、名古屋大学大学院理学研究科で行われました。
 今回締結された協定は、プラズマ物理学/複雑性科学に関し、相互の研究開発能力及び人材等を活かし、宇宙プラズマ、核融合プラズマ、レーザープラズマ、複雑性流体などに関する学術研究、またそれらに関する教育の推進に寄与することを目的としています。
 これまで核融合科学研究所と名古屋大学大学院理学研究科とは、共同研究や大学院学生等への講義・研究指導等において長年協力を続けてきました。 今回の「協定書」及び「覚書」の締結により、人材の育成や学術研究が更に進展するものと期待されます。

協定書に署名後の杉山直研究科長(左)と竹入所長(右)