LHD
核融合エネルギー炉の実現を目指し、トロイダル磁場閉じ込めプラズマの総合的理解を深めることを目的として、LHDや他の核融合プラズマの理論シミュレーション研究を進めています。
16.8.10
藤堂 泰教授の論文「Fast ion profile stiffness due to the resonance overlap of multiple Alfvén eigenmodes」(Nuclear Fusion 56(2016), 112008)が、重要な研究成果を紹介する Nuclear Fusion 誌の LabTalk 記事にてとりあげられました。
16.8.1
仲田資季助教の発表論文「多粒子種ジャイロ運動論モデルに基づくトカマクおよびヘリカルプラズマにおけるITG-TEM乱流輸送シミュレーション」が、第13回アジア太平洋物理会議(2016.12.4-8)の招待講演に選ばれました。
16.7.14
仲田資季助教が、第11回核融合エネルギー連合講演会において「ペタスケールスーパーコンピュータを活用したシミュレーション研究の進展と展望」と題した基調講演を行いました。
15.11.27
河村学思助教が第32回プラズマ・核融合学会年会において「不純物ガスパフ時のLHD周辺領域における不純物輸送解析」の発表により若手学会発表賞を受賞しました。
15.10.28
藤堂泰教授ならびにWang Hao助教が「高エネルギー粒子・MHD 連結シミュレーションコード MEGA の開発」の業績によりプラズマ・核融合学会第20回技術進歩賞を受賞しました。
15.10.28
佐藤雅彦助教、鈴木康浩准教授ならびに横山雅之教授が「実験データと理論計算データを融合した統合輸送解析システムの開発と LHD 実験での運用実証」の業績によりプラズマ・核融合学会第20回技術進歩賞を受賞しました。
15.10.16
沼波政倫助教が第10回(2016年)日本物理学会若手奨励賞(領域2:プラズマ)を受賞しました。
15.5.26
共同研究者の朝比祐一氏と石澤明宏助教・洲鎌英雄教授の共著論文の図がプラズマ・核融合学会誌91巻5月号の表紙に掲載されました。
15.5.14
石澤明宏助教の論文が Journal of Plasma Physics 誌の Featured Articlesの1つに選ばれました。
一覧へ

PAGE TOP