LHD
核融合エネルギー炉の実現を目指し、トロイダル磁場閉じ込めプラズマの総合的理解を深めることを目的として、LHDや他の核融合プラズマの理論シミュレーション研究を進めています。
17.2.13
藤堂 泰教授の論文「Fast ion profile stiffness due to the resonance overlap of multiple Alfvén eigenmodes」(Nuclear Fusion 56(2016), 112008)が、2016年のNuclear Fusion 誌において特に注目された論文を対象とする Highlights of 2016 に選ばれました。
16.10.27
王灏助教が「高エネルギー粒子駆動測地的音響モードのシミュレーション研究」により第11回(2017年)日本物理学会若手奨励賞(領域2:プラズマ)を受賞しました。(対象論文:"Linear properties of energetic particle driven geodesic acoustic mode",Hao Wang and Yasushi Todo, Physics of Plasmas 20, 012506 (2013). / "Hole-Clump Pair Creation in the Evolution of Energetic-Particle-Driven Geodesic Acoustic Modes", Hao Wang, Yasushi Todo, and Charlson C. Kim, Physical Review Letters 110, 155006 (2013). / "Simulation study of high-frequency energetic particle driven geodesic acoustic mode", Hao Wang, Yasushi Todo, Takeshi Ido, and Masaki Osakabe, Physics of Plasmas 22, 092507 (2015). )
16.8.10
藤堂 泰教授の論文「Fast ion profile stiffness due to the resonance overlap of multiple Alfvén eigenmodes」(Nuclear Fusion 56(2016), 112008)が、重要な研究成果を紹介する Nuclear Fusion 誌の LabTalk 記事にてとりあげられました。
16.8.1
仲田資季助教の発表論文「多粒子種ジャイロ運動論モデルに基づくトカマクおよびヘリカルプラズマにおけるITG-TEM乱流輸送シミュレーション」が、第13回アジア太平洋物理会議(2016.12.4-8)の招待講演に選ばれました。
16.7.14
仲田資季助教が、第11回核融合エネルギー連合講演会において「ペタスケールスーパーコンピュータを活用したシミュレーション研究の進展と展望」と題した基調講演を行いました。
一覧へ

PAGE TOP