LHD
核融合エネルギー炉の実現を目指し、トロイダル磁場閉じ込めプラズマの総合的理解を深めることを目的として、LHDや他の核融合プラズマの理論シミュレーション研究を進めています。
17.8.1
共同研究者の石澤明宏氏と洲鎌英雄教授・佐竹真介准教授による共著論文の図が Nuclear Fusion 誌57巻6月号の表紙に掲載されました。[ 論文情報 : "Multi-machine analysis of turbulent transport in helical systems via gyrokinetic simulation", A. Ishizawa, Y. Kishimoto, T.-H. Watanabe, H. Sugama, K. Tanaka, S. Satake, S. Kobayashi, K. Nagasaki and Y. Nakamura, Nuclear Fusion 57, 066010 (2017). ]
17.4.24
仲田 資季助教らの重水素プラズマに関する理論研究成果が日刊工業新聞(4/12)や岐阜新聞(4/22)などの記事でとりあげられました。
17.4.21
仲田 資季助教らの論文「Isotope Effects on Trapped-Electron-Mode Driven Turbulence and Zonal Flows in Helical and Tokamak Plasmas」が世界的に著名な学術論文誌「Physical Review Letters」に掲載されました。[ 論文情報:M. Nakata et al., Phys. Rev. Lett. 118, 165002 (2017) ]
17.2.13
藤堂 泰教授の論文「Fast ion profile stiffness due to the resonance overlap of multiple Alfvén eigenmodes」(Nuclear Fusion 56(2016), 112008)が、2016年のNuclear Fusion 誌において特に注目された論文を対象とする Highlights of 2016 に選ばれました。
一覧へ

PAGE TOP