産学官連携

核融合科学研究所 >> 産学官連携 >> 寄附金 

-核融合科学研究所と共同開発しませんか-
寄附金

 学術研究や教育の充実などのために、民間企業等や個人篤志家等から本研究所 が受入れる寄附金です。その経費は、本研究所学術研究や教育の充実・発展に活 用しており、本研究所の研究活動に極めて重要な役割を果たしています。

[寄附金の流れ]

寄附金の流れ

[寄附をした場合の優遇措置]

本研究所に対する寄附金は、一般的な寄附金とは取り扱いが異なり、税制上の優遇措置を受けることができます。

  1. 寄附者が法人の場合
    寄附金として支払った金額は指定寄附金として取り扱われ、その支払った金額の全額が損金の額に算入されます。
  2. 寄附者が個人の場合
    1. 所得税の寄附金控除
      寄附金として支払った金額(その年分の所得金額の40%を限度とする)から2,000円を控除した金額を、所得金額から控除することができます。
    2. 住民税の寄附金税額控除
      寄附した個人の方がお住まいの自治体(都道府県・市区町村)の条例により本研究所に対する寄附金を寄附金税額控除の対象として指定している場合には、次の算式により計算した金額を、翌年の住民税から控除することができます。詳細は税務署等へご確認ください。
      (イ)都道府県民税・・(AまたはBのうちいずれか低い方の金額―2,000円)×4%
      (ロ)市区町村民税・・(AまたはBのうちいずれか低い方の金額―2,000円)×6%
      A・・対象となる寄附金の合計額
      B・・総所得金額等の30%
top