12
技術開発名 マイクロ波による金属粉末の短時間焼成技術
キーワード ・ 冶金技術  ・ マイクロ波  ・ 短時間  ・ 省エネルギー
担当代表者名 高 山 定 次
所属・役職名 装置工学・応用物理研究系・ 准教授
所内共同開発者名
(所属・役職名)
室 賀 健 夫
( 核融合システム研究系 ・ 教 授 )
佐 藤 元 泰(名誉教授)
長 坂 琢 也
( 核融合システム研究系 ・ 准教授 )
技術開発分野
(●が該当)
・ ライフサイエンス        ・ 情報通信      ・ 環境
 ● ナノテクノロジー,材料   ● エネルギー   ● 製造技術
 ・ 社会基盤            ・ フロンティア    ・ その他
技術開発概要 マイクロ波焼成に関するマイクロ波焼成技術を開発している。セラミックス焼成技術の延長において、粉末金属もマイクロ波で焼結できることが明らかとなってきた。なぜ、粉末であれば、金属のように電気を通す物体でもマイクロ波が浸透できるのかその機構は不明である。
本研究所では、還元雰囲気を必要としない、金属のマイクロ波焼結法を開発中である。この方式により、実用面において、従来のエネル ギー多消費型から環境負荷低減型へ転換し自動車産業はじめ、多くの産業における省エネルギー化、低コスト化、高付加価値化が期待できる。
共同開発等可能分野・用途,創造性等 各種の粉末金属のマイクロ波焼成試験受託
焼成における酸化防止技術の開発支援
粉末金属の高強度・ニアネット・高機能の試作開発支援
主な使用可能機器名 万能型マイクロ波連続炉
(1600度、50kg/時間、焼成時間;最速1時間、標準2時間)
マイクロ波バッチ炉による試験焼成
(1600度 2-4時間)
赤外線ビデオカメラ、表面分析装置
知的所有権
(名称・特許番号または出願番号等)
一覧へ