産学官連携

核融合科学研究所 >> 産学官連携 >> 特許の取り扱い

-核融合科学研究所と共同開発しませんか-
特許の取り扱い

[共同研究]
  共同研究の結果,共同で発明が生じた場合は,本研究所と民間企業等が各々の持ち分を定めて,共同で出願を行 います。
  特許出願の経費については,持ち分に応じて双方で負担します。
  共同研究に係る特許権は,民間企業等又はその指定する者に限り,出願したときから一定期間優先的に実施することができます。ただし,この期間は必要に応じて更新することができます。

[受託研究]
  受託研究の結果生じた発明は,すべて本研究所に帰属します。 研究所に帰属した特許については,これの一部,若しくは全部を委託者に譲渡することができます。  

[受託研究員]
  研究の成果が発明等に該当すると認める場合は,指導職員に連絡してください。
  発明に対する貢献度に応じ, 研究所又は指導職員と受託研究員との共有,若しくは受託研究員に帰属することになります。

 

 

 

 

top