研究関連ニュース

19.7.19
プレスリリース世界初、ヘリカルプラズマにおける高エネルギー粒子の閉じ込めを実証 - 将来の核融合炉プラズマの持続燃焼に見通し - 「ネイチャーフィジックス」のハイライト研究に選出(高温プラズマ物理研究系 小川国大助教、磯部光孝教授ら)
19.6.10
プレスリリース重水素によってプラズマ性能が向上する「同位体効果」が発現 ‐ プラズマの温度領域が大きく拡大 ‐ (大型ヘリカル装置計画プロジェクト)
19.6.10
プレスリリース 世界初、プラズマの振動によるイオン加熱をシミュレーションで証明 ‐ 核融合発電におけるプラズマの自己加熱の研究が大きく加速 ‐ (核融合理論シミュレーション研究系 王灏助教、藤堂泰教授ら)
19.6.10
プレスリリース“ナノスケール彫刻技術”を開発 ‐ 硬い材料内部の原子レベルでの精密観察が可能に ‐ (核融合システム研究系 時谷政行准教授ら)
19.5.24
受賞時谷政行准教授が自然科学研究機構第8回若手研究者賞を受賞
19.2.21
プレスリリース中性子星合体からの光を分析する世界最高精度の原子データの構築 ‐ 核融合科学と天文学の学際的・国際的協力で重元素の起源を紐解く ‐ (核融合システム研究系 加藤太治准教授ら)
18.6.19
プレスリリースプラズマ乱流が伝播する現象を世界で初めて実証 ‐ 日米共同研究の成果 ‐ 米科学誌「フィジカル・レビュー・レターズ」に論文掲載 (高温プラズマ物理研究系 居田克巳教授、小林達哉助教ら)
18.4.4
プレスリリース20周年を迎えた大型ヘリカル装置実験 ‐ 多くの成果を東濃から世界に発信 ‐ (大型ヘリカル装置計画プロジェクト)
18.4.4
プレスリリースバーチャルリアリティ空間の中でヘリカル型原型炉を組み立てる(数値実験炉研究プロジェクト)
18.4.4
プレスリリース高温でも丈夫で、加工にも溶接にも適した合金の開発に成功 ‐ 高温で使用可能なバナジウム合金で、核融合プラズマを包み込む ‐ (核融合工学研究プロジェクト)
18.2.13
プレスリリースプラズマ損失の直前予知を可能にする新発見 ‐ 突然発生する火山噴火や集中豪雨、社会変動を予知する研究にも貢献 ‐ 英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(電子版)」に論文掲載  (高温プラズマ物理研究系 居田克巳教授、小林達哉助教ら)
17.8.9
プレスリリースイオン温度1億2,000万度を達成 ‐ ヘリカル型核融合炉実現への見通しを確立 ‐
17.7.4
プレスリリース核融合科学研究所が中華人民共和国西南交通大学と国際学術交流協定を締結 ‐ 中国初のヘリカル研究開始に向けて ‐
17.6.9
プレスリリース活性炭を用いた排気システムの改良によりプラズマを更に高温に(大型ヘリカル装置計画プロジェクト)
17.6.9
プレスリリース金属の中にあるミクロな迷宮をスパコンで高速自動探索(数値実験炉研究プロジェクト)
17.6.9
プレスリリース強磁場の中を流れる液体金属へのブレーキ作用の実証に成功(核融合工学研究プロジェクト)
17.4.21
プレスリリース重水素実験により1億度を超えるイオン温度を達成 ‐ 大型ヘリカル装置のプラズマ性能が向上 ‐
17.4.11
プレスリリースイオン質量による乱流抑制のメカニズムを解明 ‐ 核融合プラズマ性能向上に繋がる理論研究が大きく進展 ‐ (核融合理論シミュレーション研究系 仲田資季助教ら)

19.7.19
プレスリリース世界初、ヘリカルプラズマにおける高エネルギー粒子の閉じ込めを実証 - 将来の核融合炉プラズマの持続燃焼に見通し - 「ネイチャーフィジックス」のハイライト研究に選出(高温プラズマ物理研究系 小川国大助教、磯部光孝教授ら)
19.6.10
プレスリリース重水素によってプラズマ性能が向上する「同位体効果」が発現 ‐ プラズマの温度領域が大きく拡大 ‐ (大型ヘリカル装置計画プロジェクト)
19.6.10
プレスリリース 世界初、プラズマの振動によるイオン加熱をシミュレーションで証明 ‐ 核融合発電におけるプラズマの自己加熱の研究が大きく加速 ‐ (核融合理論シミュレーション研究系 王灏助教、藤堂泰教授ら)
19.6.10
プレスリリース“ナノスケール彫刻技術”を開発 ‐ 硬い材料内部の原子レベルでの精密観察が可能に ‐ (核融合システム研究系 時谷政行准教授ら)
19.2.21
プレスリリース中性子星合体からの光を分析する世界最高精度の原子データの構築 ‐ 核融合科学と天文学の学際的・国際的協力で重元素の起源を紐解く ‐ (核融合システム研究系 加藤太治准教授ら)
19.6.19
プレスリリースプラズマ乱流が伝播する現象を世界で初めて実証 ‐ 日米共同研究の成果 ‐ 米科学誌「フィジカル・レビュー・レターズ」に論文掲載 (高温プラズマ物理研究系 居田克巳教授、小林達哉助教ら)
18.4.4
プレスリリース20周年を迎えた大型ヘリカル装置実験 ‐ 多くの成果を東濃から世界に発信 ‐ (大型ヘリカル装置計画プロジェクト)
18.4.4
プレスリリースバーチャルリアリティ空間の中でヘリカル型原型炉を組み立てる(数値実験炉研究プロジェクト)
18.4.4
プレスリリース高温でも丈夫で、加工にも溶接にも適した合金の開発に成功 ‐ 高温で使用可能なバナジウム合金で、核融合プラズマを包み込む ‐ (核融合工学研究プロジェクト)
18.2.13
プレスリリースプラズマ損失の直前予知を可能にする新発見 ‐ 突然発生する火山噴火や集中豪雨、社会変動を予知する研究にも貢献 ‐ 英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(電子版)」に論文掲載  (高温プラズマ物理研究系 居田克巳教授、小林達哉助教ら)
17.8.9
プレスリリースイオン温度1億2,000万度を達成 ‐ ヘリカル型核融合炉実現への見通しを確立 ‐
17.7.4
プレスリリース核融合科学研究所が中華人民共和国西南交通大学と国際学術交流協定を締結 ― 中国初のヘリカル研究開始に向けて ―
17.6.9
プレスリリース活性炭を用いた排気システムの改良によりプラズマを更に高温に(大型ヘリカル装置計画プロジェクト)
17.6.9
プレスリリース金属の中にあるミクロな迷宮をスパコンで高速自動探索(数値実験炉研究プロジェクト)
17.6.9
プレスリリース強磁場の中を流れる液体金属へのブレーキ作用の実証に成功(核融合工学研究プロジェクト)
17.4.21
プレスリリース重水素実験により1億度を超えるイオン温度を達成 ‐ 大型ヘリカル装置のプラズマ性能が向上 ‐
17.4.11
プレスリリースイオン質量による乱流抑制のメカニズムを解明 ‐ 核融合プラズマ性能向上に繋がる理論研究が大きく進展 ‐ (核融合理論シミュレーション研究系 仲田資季助教ら)