核融合科学研究所 > 図書館

インパクトファクター
インパクトファクターとは、米のトムソンロイター社が独自に提案・提供しているもので、雑誌に掲載された論文の引用頻度からその雑誌の影響度を数値で表したものです。

ーインパクトファクターの計算方法ー
A=2011年、2012年に雑誌Pに掲載された論文が2013年中に学術文献データベース“Web of Science”に収録されている雑誌の論文中で引用された回数
B=2011年、2012年に雑誌Pが掲載した論文の数
雑誌Pの2013年のインパクトファクター=A/B
トップページへ
コピーライト