NIFSリポジトリ

核融合科学研究所 > 図書館 > TOP > NIFSレポジトリとは? > 「機関リポジトリ」に関する活動状況

「機関リポジトリ」に関する活動状況

所内

講演会

ワークショップ

    参加人数:約16名
    (NIFS、東北大、KEK、岡崎生理学研究所、岡崎情報図書、天文台図書館、名大付属図書館)

所内説明会
  • 2007.12.07
    図書・出版委員会にて「機関リポジトリ」について説明し、協力を呼びかけた。
    説明者:評価情報室員
  • 2008.01.21 - 02.18
    所内にて研究部、技術部において、「機関リポジトリ」についての出前説明会を6回開催。
    説明者:評価情報室員

所外

国際会議発表

  • 2008.01.30 - 31
    DRFIC2008 デジタルリポジトリ連合国際会議2008
    大阪大学
    ポスター発表「Toward and Institutional Repository as a Center of Excellence in the Field of Fusion Science –The Feature and the Goal-
    C. Namba, H. Chikaraishi, Y. Kohmoto, M. Ohta, K. Hashimoto, K. Ida, H. Nakanishi, T. Mito,Y. Asakura, K. Takahata, K. Matsuoka, S. Sudo, O. Motojima
    (核融合分野におけるCOEとしての機関リポジトリの構築を目指してー核融合科学研究所リポジトリの特徴と目標ー)
    著者:難波忠清、力石浩孝、河本善子、太田雅子、橋本香苗、居田克巳、中西秀哉、三戸利行、朝倉大和、高畑一也、松岡啓介、須藤滋、本島修
  • 2009.12.03-04
    DRFIC2009 デジタルリポジトリ連合国際会議2009
    ポスター発表
    Institutional Repository at a Project-oriented Inter-university Research Institute
    Hirotaka Chikaraishi, Yoshiko Kohmoto, Kanae Hashimoto, Chusei Namba, Toshiyuki Mito, Keisuke Matsuoka (National Institute for Fusion Science)
    (プロジェクト研究を主体とする共同利用機関におけるリポジトリ: 著者:力石浩孝、河本善子、橋本香苗、難波忠清、三戸利行、松岡啓介)

学会、報告会 発表

  • 2008.12.01
    第8回東海北陸地区CSI事業報告会
    発表者:力石浩孝 「大学共同利用機関としてのリポジトリ
  • 2010.06.10-11(高山市民文化会館)
    第8回核融合エネルギー連合講演会
    核融合科学研究所(NIFS)リポジトリの構築と運用」(講演番号:10A-85p)
    力石浩孝、難波忠清、河本善子、橋本香苗、三戸利行、松岡啓介、
  • 2010.06.22(国立情報学研究所)
    2009(平成21)年度国立情報学研究所学術機関リポジトリ構築連携支援事業(CSI)報告会
    ポスター発表
    学術機関リポジトリの構築とコンテンツの拡充」:
    三戸利行、力石浩孝、河本善子、橋本香苗、難波忠清
    【註】本報告は、後日「優良事例」としてCSI事業報告書への掲載が求められた。
  • 2011.06.13(学術情報センター)
    2010(平成22)年度国立情報学研究所学術機関リポジトリ構築連携支援事業(CSI)報告交流会
    口頭発表(NIIから特異性のある事例として依頼)及び、ポスター発表
    「核融合研機関リポジトリのコンセプトと将来展望—共同利用機関のリポジトリ―」
    三戸利行、力石浩孝、河本善子、橋本香苗、難波忠清
  • 2014. 10. 20
    総研大図書館員研修(総研大、葉山)
    講演「核融合科学研究所機関リポジトリの構築
    力石浩孝

  • 2014. 10. 22
    オープンアクセスサミット2014(国立情報学研究所)
    パネル報告「JAIRO Cloudへの移行実験
    力石浩孝

研修会・会議参加

  • 2007.07.11-13
    平成19年度学術ポータル担当者研修ー機関リポジトリ構築ー
    場所:名古屋大学
  • 2007.10.23
    「東海地区機関リポジトリ実務担当者会議」
    場所:名古屋大学

シンポジウム、ワークショップ、報告会等参加

  • 2006.08.28
    広島大学図書館ワークショップ「学術情報の新しいチャンネルー海外機関リポジトリの動向をさぐるー」
    場所:広島大学
  • 2006.11.08
    第2回東海地区CSI事業報告会次世代学術コンテンツ基盤共同構築事業報告会
    場所:名古屋大学
  • 2006.11.16 - 17
    「共同ワークショップ日本の機関リポジトリの今」
    場所:千葉大学
  • 2007.02.08 - 09
    DRF第2回ワークショップ
    「機関リポジトリをデザインするー設計とコンテンツ」
    場所:早稲田大学
  • 2007.10.03
    「図書館とNIIの集い」
    場所:名古屋大学野依記念学術交流館カンファレンスホール
  • 2007.11.09
    第3回DFR(リポジトリ連合)
    ワークショップ「日本の機関リポジトリの今2007」
    場所:パシフィコ横浜
  • 2007.11.30
    第5回東海地区CSI事業報告会
    場所:名古屋大学
  • 2008.11.27
    第4回DRF(リポジトリ連合)全国ワークショップ
    場所:パシフィコ横浜
    「日本の機関リポジトリとそのテーマ2008」
  • 2009.11.11
    第5回DRF(リポジトリ連合)全国ワークショップ
    場所:パシフィコ横浜
    「2009年、いま改めてリポジトリ」
  • 2010.11.25
    第7回DRF(リポジトリ連合)全国ワークショップ
    場所:パシフィコ横浜
    「~これから我々がめざすものは何か」
  • 2011.11.10
    第8回DRF(リポジトリ連合)ワークショップ
    場所:パシフィコ横浜
    「~学術へのオープンアクセスは大学図書館に何を免じ何を任ずるのか」
  • 2012.11.21
    第9回DRF(リポジトリ連合)ワークショップ
    場所:パシフィコ横浜
    「学術雑誌の変貌:フィンチレポート、新BOAIイニシャチブ、英国最新事情」
  • 2013.10.29
    第10回DRF(リポジトリ連合)全国ワークショップ:DRF10
    場所:パシフィコ横浜
    「躍動するオープンアクセス」

記事

 

コピーライト