核融合科学研究所>>さんぽみち >> さんぽみち2007 >>ヒバリの歌声

ヒバリの歌声

昨年の春から研究所の芝生の一部を「ヒバリ保護区」に設定し、芝刈りの実施時期を工夫して来ました。そして今年もヒバリがさえずる季節がやってきました。「ピーチュリチュリ」ヒバリの明るい歌声は私たちに元気をくれます。学名のAlauda arvensisのAlaudaはケルト語で「偉大な歌姫」。ヒバリが数分間も歌い続けられるのは、息を吐く時も吸う時も声を出しているという話があります。それが本当かどうかは分かりませんが、人間には真似のできない歌声を聞かせてくれます。
 


(5月1日)

 

フェンスの上でさえずるヒバリ
芝生の色にそっくり

 

up
[an error occurred while processing this directive]