核融合科学研究所 >> さんぽみち >> さんぽみち2007 >> ネジバナの右と左

ネジバナの右と左

芝生から一面、背丈15センチほどのピンク色の花穂が上がってきました。小さな花が行儀良く、ねじれながら並んで咲いています。その名も「ネジバナ」。5ミリほどの小さな花ですが、実はランの仲間です。さて、下の二つの写真ですが、どこかが違います。どこかわかりますか。そうです、左の写真の花穂は「右巻き」、右の写真の花穂は「左巻き」です。この花の花穂は、確率的にねじれ方向が変わるそうです。その確率はほぼ半々。自然は本当に不思議な花を作り出します。


(7月2日)

 

ホタル

 
up
[an error occurred while processing this directive]