核融合科学研究所 >> うぇぶCatch >> さんぽみち >> 2008

2008年 l 2007年 l 2006年 l

縁起物のシダ

 冬になると落ち葉の中で瑞々しい葉をつけているシダ植物が、ひときわ目立ちます。研究所の回りにもたくさん生えています。中でもすぐに名前がわかるのが、ウラジロです。正月に鏡餅の下に敷いているあのシダです。ウラジロの茎は長く伸び、2枚の葉の真ん中から毎年新しい2枚の葉が出て、数年分の葉が生きています。そして葉の裏が白いので、白髪になるまで、夫婦共々長生きできますようにという縁起物になっています。(岡山理科大学植物生態研究室のHPより)今では、このような縁起を知らずに飾っていますよね。
さんぽみちで見つけたシダの写真を下に並べてみました。ウラジロ以外は名前を調べるのに苦心しました。

 


(2月4日)

ウラジロ【表】
ウラジロ【裏】
コシダ
キジノオシダ
シシガシラ
名前が分かりませんでした