核融合科学研究所 >> うぇぶCatch >> さんぽみち >> 2012

夏の光を浴びて

研究所の草地では、キタキチョウが元気よく飛び回っています。キタキチョウは雌雄とも黄色い蝶で、私たちには簡単に区別できません。しかし不思議なことに、雄の翅だけに紫外光を反射する複雑な仕組みがあって、蝶には雌雄をはっきり認識できるそうです。(たぶん蝶には雄が光って見えている)自然界には不思議がいっぱいですね。

(2012年8月14日)
夏の光を浴びて