核融合科学研究所 >> うぇぶCatch >> さんぽみち >> 2016

海の色

研究所の歩道をイソヒヨドリの雌が歩いていました。イソヒヨドリといえば、名前に「磯」が付くように海の近くにいる鳥です。でも、ここは海から遠く離れた岐阜県の山間部です。一瞬、どうしてって思いました。雄は全体が青い色をしていますが、雌もよく見ると青みがかっています。遠くまで海の色を運んできてくれたのかも知れませんね。
(2016年2月10日)

海の色