核融合科学研究所 >> うぇぶCatch >> さんぽみち >> 2019

小さな住人

 研究所の湿地に、今年もハッチョウトンボがやって来ました。やって来たと書きましたが、大きさが2センチメートル(一円玉くらい)しかない日本一小さいトンボで、あまり移動しません。だから研究所で繁殖し、成長していると思います。不思議なことに、毎年ハッチョウトンボを見かけるのは畳二枚分ぐらいの限られた場所だけなのです。それでも、体が小さいハッチョウトンボにとっては、広い世界なのかもしれません。
(2019年7月1日)

小さな住人