HOME > おしらせ > 研究会・作業会 >NIFS共同研究 研究会・作業会の案内

NIFS共同研究 研究会・作業会の案内
平成23年度NIFS 共同研究
研究会「MHD 理論研究の広がり」

場所

核融合科学研究所 研究Ⅰ期棟 402 号室

日程

2011年9月20日(火) 10:00~17:35, 21日(水) 9:10~12:10

プログラム:

9 月20 日(火)

10:00-10:10 はじめに(古川(東京大))
10:10-12:10 招待講演 “MHD・流体研究における数値計算技法”(座長:岸本(京都大))
 10:10-11:00 シア流中の不安定波動・中立波動  伊賀啓太(東京大)
 11:00-11:50 短波長不安定性のシミュレーションとコンパクトスキーム  三浦英昭(核融合研)
11:50-12:50 昼食
12:50-14:30 一般講演(1):非線形シミュレーションによるMHD 安定性(座長:陰山(神戸大))
 12:50-13:15 球状トーラスのマルチパルス同軸ヘリシティ入射に関するMHDシミュレーション  神吉隆司(海上保安大)
 13:15-13:40 トーラスプラズマにおけるペレット入射シミュレーション  石崎龍一(核融合研)
 13:40-14:05 高エネルギー粒子の入射・損失を考慮したアルフベン固有モードの非線形発展  藤堂 泰(核融合研)
 14:05-14:30 Simulation Study of Energetic Particle Driven Geodesic Acoustic Mode in LHD Plasma  WANG Hao(総研大)
14:30-14:40 休憩
14:40-15:55 一般講演(2):プラズマ中の流れと安定性(座長:石澤(核融合研))
 14:40-15:05 磁気圏型プラズマにおけるバルーニング安定性に対する流れ効果の分析  古川 勝(東京大)
 15:05-15:30 エッジローカライズモードに対するプラズマ回転の影響と同モード小振幅化への展望  相羽信行(原子力機構)
 15:30-15:55 強制磁気リコネクションとプラズマ流に関する理論解析  西村征也(核融合研)
15:55-16:05 休憩
16:05-17:45 一般講演(3):磁気リコネクション・磁気島(座長:藤堂(核融合研))
 16:05-16:30 爆発的磁気リコネクションに至るトリガーのメカニズム  岸本泰明(京都大)
 16:30-16:55 微視的乱流の磁気島への影響  石澤昭宏(核融合研)
 16:55-17:20 変分原理を用いた無衝突磁気リコネクションの解析  廣田 真(原子力機構)
 17:20-17:45 直線ヘリオトロン配位での静的磁気島を含んだ簡約化MHD 方程式に対するMHD 平衡  齋藤欣也(総研大)
17:45 初日終了(18:00 に懇親会に向けて出発)


9 月21 日(水)
9:10-10:25 一般講演(4):プラズマ平衡(座長:神吉(海上保安大))
 9:10 - 9:35 簡約化MHD モデルにおける流れをもつ軸対称トロイダル平衡  伊藤 淳(核融合研)
 9:35 - 10:00 磁気圏型プラズマ平衡における反磁性電流に対する非等方圧力効果  飯塚将太(東京大)
 10:00-10:25 LHD における非等方圧力MHD 平衡解析  朝日良光(総研大)
10:25-10:35 休憩
10:35-11:50 一般講演(5):前回のコラボレーション課題に関する講演(座長:古川(東京大))
 10:35-11:00 LHD プラズマにおけるマルチスケールMHD シミュレーションとその応用  市口勝治(核融合研)
 11:00-11:25 回転プラズマにおける抵抗性壁モード解析コードの開発 白石淳也(原子力機構)
 11:25-11:50 RFP における3 次元構造の形成過程  水口直紀(核融合研)
11:50-12:20 今後のコラボレーション・研究会の進め方に関する議論 (座長:市口(核融合研))
12:20 閉会



問い合わせ先

研究支援課研究支援係 kenkyu-shien@nifs.ac.jp
研究会代表者:古川勝 (東大新領域)
所内世話人(研究会事務局): 市口勝治