HOME > おしらせ > イベント > 上野副大臣ほかを迎え、「新プラズマシミュレータ披露会」を開催

イベント
上野副大臣ほかを迎え、「新プラズマシミュレータ披露会」を開催

 核融合科学研究所は、今年7月1日より運用を開始したスーパーコンピュータシステム「プラズマシミュレータ」(愛称:雷神)の披露会を去る8月29日に開催しました。
 当日は、披露会に先立ち施設見学会が行われ、上野通子文部科学副大臣、古屋圭司衆議院議員、奥野信亮衆議院議員、鈴木淳司衆議院議員、山際大志郎衆議院議員、山田賢司衆議院議員、赤池誠章参議院議員ほか出席者は、大型ヘリカル装置(LHD)や制御室などを所員の説明を受けながら見学しました。
 続いて、国会議員や地元市長の出席のもと「新プラズマシミュレータ披露会」を開催しました。冒頭、竹入康彦所長が「『プラズマシミュレータ雷神』は、プラズマ核融合分野専用のスーパーコンピュータとしては、世界最高性能であり、核融合プラズマの複雑な振る舞いの解明に加えて、バーチャルな空間に核融合炉を実現する、ヘリカル数値実験炉の構築を目指した大規模シミュレーション研究の更なる進展が期待される」と挨拶しました。そして、小森彰夫自然科学研究機構長の挨拶に続き、上野通子副大臣が、核融合科学研究への期待や、岐阜県及び地元3市の研究所への支援に対する謝辞などを述べられました。続いて、地元選出の古屋圭司衆議院議員、加藤淳司土岐市長が祝辞を述べられました。
 なお、上野副大臣のほか、文部科学省からは堀内義規大臣官房審議官、塩原誠志研究振興局学術機関課長、岩渕秀樹研究開発局研究開発戦略官等が出席されました。

プラズマシミュレータ雷神を前に上野副大臣(前列・左から二人目)と記念撮影
プラズマシミュレータ雷神を前に上野副大臣(前列・左から二人目)と記念撮影
新プラズマシミュレータ披露会の様子 上野副大臣祝辞
新プラズマシミュレータ披露会の様子 上野副大臣祝辞