HOME > おしらせ > イベント > 「土岐で科学を学ぶ日」オンラインイベントに参加協力しました

イベント
「土岐で科学を学ぶ日」オンラインイベントに参加協力しました

 核融合科学研究所は、令和3年2月28日(日)土岐市においてオンラインイベントとして開催された「土岐で科学を学ぶ日」に、動画コンテンツ等の提供により参加協力しました。
 このイベントは、子供から大人まで一緒に楽しめる科学的な知の探究コンテンツを届けながら科学に興味を持ってもらうことを目的としたもので、自然科学研究機構と土岐市との連携協力に関する協定書に基づき、研究所だけでなく、機構を構成する国立天文台、基礎生物学研究所、生理学研究所、分子科学研究所の参加協力により行われました。
 当日は、加藤淳司土岐市長と小森彰夫機構長の挨拶(ビデオメッセージ)の後、研究所の作成した動画コンテンツ「ヘリカちゃんと科学実験!」が公開されました。この科学実験の動画コンテンツは、「真空」「超伝導磁石」「光」「顕微鏡」をテーマに、それぞれアシスタントとして公募により選ばれた土岐市内の小学生に参加いただき作成したものです。視聴者からの関心も高く、何回も再生されていました。国立天文台の縣秀彦准教授、基礎生物学研究所の新美輝幸教授の講演のLIVE配信では、チャット欄に次々と感想や質問が書き込まれ、講師の先生方は一つ一つ丁寧に回答されていました。
 また、プログラムの最後に、「星空を見上げよう!」と題して、2月28日に土岐市で見える星空や星座が動画で紹介されました。当日の延べ視聴回数は、約1,800回あり、「楽しく視聴した」「オンラインでも臨場感があって良かった」等の感想が多く寄せられました。
 本イベントで公開された動画は、生理学研究所、分子科学研究所等から提供された動画も含め、引き続き5月末まで土岐市のホームページからご覧いただけます。
 https://www.city.toki.lg.jp/docs/15582.html

ぜひご覧ください。
講演する本間教授 竹入所長の講演のライブ配信画面

当日配信された「ヘリカちゃんと科学実験!」の様子