第9回 国際土岐コンファレンス (ITC-9)

- 非平衡・非線形開放系核融合プラズマ物理の現状と発展 -

開催のお知らせ(第2報)

1998年12月7日から11日
セラトピア土岐 (岐阜県土岐市)
主催:核融合科学研究所


国際土岐コンファレンスは,文部省核融合科学研究所が設立された1989年以来, 最新の核融合/プラズマの話題に焦点を置き,ほぼ毎年土岐市で開催されてきました。 今回は第9回目にあたり「非平衡・非線形開放系核融合プラズマ物理の現状と発展」の 主題のもとに開催されます。

プラズマは,外部から励起を受けながら内部からエントロピーを排出している多体系 の典型例です。こうした多体相互作用や開放性のために系は非平衡状態となり,系自ら が秩序状態へと発展するいわゆる自己組織化現象が現れてきます。科学一般に普遍的に見 られるこのような非平衡・非線形開放系への研究の発展は,来るべき21世紀に向けて新 たな科学のあり方・方法論をもたらすと思われます。プラズマ物理はこれらの最先端分野 開拓の先導的役割を担う可能性を十分に持っています。例えば,コンピュータシミュレー ションを用いたプラズマ物理研究は既にこの方向に向けて着実に進んでいます。

本会議では,核融合プラズマ分野のみならず,天体物理,宇宙物理,流体力学,地球 科学,分子動力学,生命科学,人間科学など多方面の分野で非平衡・非線形開放系に興味 を持たれる方々にもできる限り多く参加していただき,討論を通じて21世紀の科学の方 向性を見出したいと考えております。コンピュータ科学や理論の研究を遂行されている 方に加えて,実験研究をされている方々で興味をお持ちの方々の参加も大いに歓迎 いたします。

開催日時および会場:

1998年12月7日(月)から12月11日(金)まで, 岐阜県土岐市産業文化振興センター・セラトピア土岐 (〒509-5121 岐阜県土岐市土岐津町高山4, Tel: 0572-54-2120, Fax: 0572-54-2204)にて開催されます。

使用言語:

会議にて使用される言語は英語です。

参加登録:

発表または参加を希望される方は同封しました参加登録申込書(Registration Form)を 下記あてにご返送下さい。WWW電子メイルによる申し込みも受け付けます。 予備参加登録(Preliminary Registration)をされた方も再度参加登録を行って下さい。 参加登録費(バンケット,プロシーディング,conference materialsを含む)は 一般2万円,学生1万5千円,ただし事前登録(10月9日締め切り)は, 一般1万5千円,学生1万円です。バンケット(12月9日の予定)のみの参加登録費は8千円 です。参加登録費は会場で日本円にてお支払い下さい。

アブストラクト:

上記のテーマに沿い,会議にて発表を希望される方は発表内容を英文にてA4版1頁の アブストラクトとしてまとめ,8月31日までに下記の会議事務局アブストラクト係までお送 り下さい。発表の内容はオリジナルで未発表のものでなくてはなりません。アブストラクト の内容をプログラム委員会にて審査し,発表の是非を決定致します。その結果は9月下旬ま でに論文提出者に直接ご連絡致します。採択された発表のアブストラクトはWWWに掲載する と同時にアブストラクト集としてまとめ,参加者に配布する予定です。アブストラクトは以 下の様式に従って下さい。1) A4用紙の上下左右に2.5cmずつの余白をとり,2) 表題 ,著者名,所属,住所,電子メールアドレスを中央振り分けで打ち,3) 表題と著者 名の間は1行空け,4) さらに,3行空けて本文を1.5行の間隔で11または12ptの文字 サイズで打つ。アブストラクトはTeX形式またはplainテキスト形式で電子メイル(宛 先: itc9-abst@nifs.ac.jp) にてお送り頂くか,郵送でお送り下さい。TeX形式のサンプルを WWWに掲載しましたのでご 利用下さい。Fax のみによる送付や図が入ったものは受け付けません。

発表形式および論文:

会議では口頭発表とポスター発表を計画していますが,いずれの形式を取るかはプログラム委員会に一任していただきます。採択されました発表につきましては,その内容を論文としてまとめ会議当日受付に提出して下さい。論文の形式は採否連絡時に発表形式の詳細とともにご連絡致します。提出された論文は査読を受けた後,プロシーディングとして出版さ れる予定です。なお,会議参加者には無料で一部が配布されます。

招待講演:

上記テーマに関連したトピックスを取り上げ,総合的に,且つ最近の成果を含めた招待講演を国内外の専門家により10件程度計画しております。

宿泊予約:

会議中は土岐市周辺のホテルや旅館がご利用いただけるよう事務局で手配致しますので同封の宿泊申込書( Hotel Reservation Form ) を郵送か Fax にて10月9日までに会議事務局までお申し込み下さい。宿泊施設の決定は申し込み順とさせていただきます。なお,予約の取り消しは10日前までにご連絡下さい。

会場への交通:

会場となります土岐市産業文化振興センター(セラトピア土岐)は JR 東海・中央線「土岐市駅」から約0.4 km にあります。詳細な時刻表や地図等は WWWをご覧下さい。なお,事務局で手配致しました宿泊施設と会場間は会議開催中朝夕送迎用バスを運行する予定です。

旅費等の援助:

会議に参加される開発途上国の方々には,旅費等の一部を援助致します。希望される方は,参加登録申込書(Registration Form)にその旨ご記入下さい。援助対象者や金額は実行委員会にて決定され,9月下旬までにご連絡致します。

ビザ:

海外から参加される方々で,ビザ等が必要な方は同封のビザ申込書 ( Visa Application Form ) を8月31日までに郵送か Fax にて事務局までお送り下さい。

サテライトミーティング:

本会議に関連して,以下のサテライトミーティングが開催されます。

"Workshop on Physics of High Beta Plasma Confinement in Innovative Fusion Systems",
12月14,15日,於:核融合科学研究所
連絡先: 〒 565-0871 吹田市山田丘 2-1 大阪大学工学部・教授 岡田成文
Fax: 06-879-7916, E-mail: okada@ppl.eng.osaka-u.ac.jp,
URL: http://www2.ppl.eng.osaka-u.ac.jp/usjapan/

プログラム 等の連絡:

会議プログラムなど今後の情報は WWWに掲載致します。WWWとの接続が不可能な方はその旨参加登録申込書(Registration Form)にご記入下さい。郵送にてお送り致します。

組織委員会:

飯吉厚夫(核融合科学研究所長・委員長),岡本正雄,佐藤哲也,藤原正己,本島修(核融合科学研究所),桂井誠(東京大学),佐藤徳芳(東北大学),三間圀興(大阪大学),吉田善章(東京大学),若谷誠宏(京都大学)

実行委員会:

佐藤哲也(委員長),石崎龍一,陰山聡,加藤丈雄,河本俊和,菅野龍太郎,木田 重雄,小平純一,洲鎌英雄,高丸尚教,高山有道,藤堂泰,冨田幸博,難波忠清,羽 鳥尹承,林隆也,藤原進,堀内利得,三浦英昭,宮崎睦雄,村井勝治,渡邊智彦

重要期日:

論文アブストラクト(A4/1頁)と Visa 申込書締切 8月31日
論文採否の連絡 9月下旬
事前登録と宿泊申し込み締切 10月9日
論文締切 12月11日

会議事務局:

〒509-5292 土岐市下石町 322 - 6
 文部省核融合科学研究所  冨田幸博 気付
Tel: 0572-58-2261 or 2246
Fax: 0572-58-2626
E-mail: itc9@nifs.ac.jp ( アブストラクト係: itc9-abst@nifs.ac.jp)
URL: http://www.nifs.ac.jp/itc/itc9/