HOME > おしらせ > プレスリリース > 本島修名誉教授(元所長)が、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受賞

プレスリリース

令和3年4月14日

大学共同利用機関法人自然科学研究機構
核融合科学研究所

本島修名誉教授(元所長)が、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受賞

 

 本島修名誉教授(元所長:2003年度~2008年度)に対し、フランス大統領からレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエが授与されました。
 4月13日、フランス大使公邸において、フィリップ・セトン駐日大使から本島修名誉教授に勲章が伝達され、核融合エネルギー開発に対する先生の長年のご功績、とりわけ2010年から2015年にわたりITER(イーター)の機構長としてITER建設に多大な貢献をされたことなどが認められ、今回の受賞となったことが紹介されました。小森彰夫機構長、吉田善章所長などが叙勲式に参列しました。

本島名誉教授からの答礼スピーチ

本島名誉教授からの答礼スピーチ