2019一般公開 オープンキャンパス
オープンキャンパス(一般公開)

新型コロナウイルス感染症対策のため、オンライン配信を取り入れた新しい形の開催方法を検討中です。詳しくは、近日中に本ページにてお知らせします。(現地での開催はありません)

9/5(土) 9:30~16:00
オンラインで体感!体験!
プラズマエネルギー

新型コロナウイルス感染症対策のため、オンライン配信を取り入れた新しい形の開催方法を検討中です。詳しくは、近日中に本ページにてお知らせします。(現地での開催はありません)
  1. トップ

プラズマって一体何?と思うかもしれませんね。プラズマというのは物質を作っている原子までもが更にばらばらになり、原子核(イオン)と電子に分かれた状態のことです。宇宙にある目に見える物質は太陽や恒星も含めてほとんどがプラズマ状態で、逆に言うとプラズマでない地球のような物質の方が珍しいのです。このプラズマの中で軽い原子核同士がくっつくと大きなエネルギーを出す(核融合反応と呼びます)ので、太陽のような光る星があるのです。そうです、プラズマはエネルギーを生み出すことが出来ます。でもそれには1億度というとてつもなく高い温度が必要です。そこで、プラズマの温度を高めよう、というのが私たちの行っている研究です。
オープンキャンパスでは研究所で行っているプラズマを中心とした研究の最前線をご紹介しています。どうしたらプラズマからエネルギーを取り出すことが出来るのか、必要となる様々な原理や技術を、大人から子供まで分かり易く楽しく知っていただこうと、体感、体験できる多くのイベントを用意しました。ところが、コロナウイルス感染症に対する来場者の皆さまの安全と安心を確保するためには、これまでのように大勢の方を一度にお迎えすることはできないと判断いたしました。そこで、オンラインを活用した新しい形のオープンキャンパスを開催したいと思います。現在、職員一同、新しい形のオープンキャンパスの実施方法を一所懸命考えていますので、近日中に本ホームページにて発表させていただきます。