HOME > 教育 >高等専門学校生、大学生向けインターンシップ(職場体験、研究実習等)

高等専門学校生、大学生向けインターンシップ(職場体験、研究実習等)

核融合科学研究所では、高等専門学校の4-5年生、専攻科生、大学1-4年生の学生を対象とするインターンシップ(職場体験、研究実習等)を実施しています。研究所の研究内容に興味を持つ学生の発掘、将来を担う理工系の若者への核融合開発研究の周知、進路選択のための情報提供を目的とする本インターンシップでは、研究所の研究教育職員の指導に基づき、核融合開発に関連した研究業務の体験や、研究課題に基づく実習体験を合宿方式(本研究所に併設された宿舎に宿泊)で行います。

応募資格

高等専門学校の4-5年生、専攻科生、大学の1-4年生
※受入れは(高等専門学校においては、本科、専攻科を合わせて)1校につき原則2人までとします。

実習形式

研究所におけるインターンシップには、夏季の指定された期間中、2週間以内で実施のもの(夏季短期インターンシップ)とそれ以外のもの(夏季短期以外のインターンシップ)があります。

夏季短期インターンシップについて

 今年度の募集を終了しました。

夏季短期以外のインターンシップについて

  • 受入れ期間:平成30年6月~平成31年3月
  • 受入れ予定件数:若干数
  • 期間についてはご相談ください。お申込みは通年受け付けておりますが、原則希望実習開始日の2ヵ月前までにご連絡ください。
  • 今年度につきましては、以下受入れ条件等に記載のある交通費は支給されません。

受入れ条件等

  • 原則、土日祝日に実習は行いません。
  • 学生教育研究災害傷害保険等(傷害保険、賠償保険)へご加入ください。
  • 宿舎は有償です。(日額2,600円~、月額23,100円~)予約が混み合っている場合、他のインターンシップ生の方との相部屋利用をお願いすることがあります。
  • 研修終了後1ヵ月後までにA4用紙1枚程度の報告書を提出いただいた方に、一往復分の交通費(在学先の最寄り駅~JR多治見駅までの鉄道料金。航空機利用を希望の方は要相談)を、4万円を上限として補助します。ただし、公共交通機関以外(自家用車等)で来所された場合は旅費の支給はできませんので、ご承知おきください。

申し込み方法

申込書(別紙様式)に必要事項をご記入の上、原則希望実習開始日の2ヵ月前までにFAXまたはEmailにて下記お問い合わせ先へご提出ください。申込書の様式は、以下からダウンロードいただくか、担当係までご連絡ください。
夏季短期以外インターンシップ研修申込書
※実習課題の内容は、以下のように分類できます。通知の際、申し込み時にお選びいただいたカテゴリから、実習課題案をご提案いたします。(ご希望に添えない場合があります。)

課題カテゴリ

  • プラズマ実験・加熱・計測・データ解析系
    このカテゴリでは、大型ヘリカル装置(LHD)に用いられる加熱・計測技術や実験データの解析に関わる課題実習を体験していただきます。
  • 核融合工学系
    このカテゴリでは、核融合炉開発に関わる超電導コイルや放射線に強い材料などの工学技術に関わる課題実習を体験していただきます。
  • 理論・シミュレーション系
    このカテゴリでは、理論的な考え方や数値計算・シミュレーションに基づく複雑なプラズマ挙動の研究手法に関わる課題実習を体験していただきます。
その他、応募申請の詳しい流れについてはこちらからご覧ください。

応募方法等お問い合わせ先

核融合科学研究所 管理部 総務企画課 対外協力係
電話:(0572)58-2019
E-mail:taigai-kakari@nifs.ac.jp