NIFS

中学校・高等学校向けインターンシップ(職場体験)地域連携教育活動、その他

核融合科学研究所では、地域の中学校・高等学校の生徒を受け入れ、職場体験(インターンシップ)を実施しています。主に管理部、技術部で様々な業務を体験していただき、地域の将来を担う若者に進路選択のきっかけをつかむ手助けをしています。

2021 年度 職場体験受入実績

新型コロナウイルスの影響が続く中、何校かから申込みや問い合わせをいただきましたが、感染拡大等により中止とした学校もあり、岐阜県立多治見工業高校一校の受入となりました。

多治見工業高校の日程は、当初3日間でしたが、大雨洪水警報発令により2日間に短縮して実施しました。参加した2年生4名を専門科目ごとに分け、それぞれ技術職員より、インターネットを利用したプログラミングや設計図をもとに部品作成等について、講義と実技補助を行いました。生徒からは今後の進路や学習の参考にしたいなどの感想がありました。

  • 多治見工業高等学校2年生4名(2021年8月19日~20日 2日間)

2020 年度 職場体験受入実績

2020年度は、職場体験の申し込みや問い合わせは何件かありましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、来所を伴う体験実習は実施することはできませんでした。

新たな試みとして、多治見西高等学校のご協力のもと、Zoomを利用したリモート講義(計4コマ、担当は芦川直子、鈴木康浩)を行い、内容はエネルギー問題、核融合および電磁気基礎、実験法則の導き方および計測誤差としました。また、4コマ目は、技術職員の中田実希より職場体験の一環として、研究所の技術職員に至るまでの経緯及び仕事内容について講義と実技補助を行い、生徒からも分かりやすいとの感想がありました。

このリモート講義では、生徒がタブレットを2台使用し、講義資料用と質疑用として利用しました。この質疑用タブレットの併用は、多治見西高の加納先生によるご提案で、このようなスタイルは、リモート環境下の講義中に生徒の顔を見ながら質疑ができるとてもよい方法でした。

  • リモート講義
    多治見西高等学校 2年生9名(2020年10月7日~12日 50分講義を4回)

2001年度~2019年度職場体験受入実績

連絡先

核融合科学研究所 管理部 総務企画課 対外協力係
電話:(0572)58-2019
E-mail: taigai-kakari@nifs.ac.jp