NIFS

施設見学のご案内

核融合科学研究所の施設見学では、世界最大級のプラズマ閉じ込め装置である「大型ヘリカル装置(LHD)」に関連する施設などをご覧いただけます。小さなお子様からご年配の方々まで、どなたにも分かりやすくご説明いたします。専門家や学生の方も歓迎いたします。様々な学習や研修にお役立て下さい。

見学日

火曜日~金曜日(祝日を除く)
※月曜日をとくにご希望の場合は、別途ご相談ください。

見学時間

1)10:00~
2)13:30~

所要時間

60分~90分
(オプションの選択によって所要時間が異なります)

料金

無料

おしらせ

施設見学(見学ツアー)について

 新型コロナウイルス感染症の影響により、一時中止していましたが、10月1日(金)より受付を再開しました。
 来場者の皆様並びに研究所スタッフの安心、安全の確保を最優先に、以下のとおり対策を行っています。
 ご来場いただく皆様には、ご不便、ご不自由をおかけしますが、何卒ご理解、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

  1. お申し込み人数について
    人数については、以下のとおりとさせていただきます。
    • 令和3年10月29日(金)までの見学
      1グループ8名様以下による、最大2グループの16名様まで
    • 令和3年11月2日(火)からの見学
      1グループ15名様以下による、最大2グループの30名様まで
  2. 新型コロナウイルス感染拡大防止策について(主なもの)
    • スタッフのマスク及び一部手袋などの着用
    • 施設入口における検温の実施(原則、検温の結果が37.5℃以上の方は、来場をお断りします。)
    • 設入口へのアルコール消毒液の設置
    • 概要説明会場内等の消毒の実施
  3. 来場者の皆様へ(お願い)
    • 体調がすぐれない場合や発熱のある場合などは、来訪をお控えください。(検温してからお越し願います。)
    • せき、くしゃみ、のどの痛みなどの風邪症状や体調不良のある方は入場をお断りすることがあります。
    • 施設入口において、アルコール消毒液による手指の消毒にご協力ください。
    • 施設内では、マスク着用をお願いします。(咳エチケットの順守をお願いします。)
    • 施設内の移動時などでは、来場される皆様の間隔を空けていただくようお願いします。
    • 施設内では、大きな声での会話は控えていただくようお願いします。
    • 施設内では、スタッフの案内及び指示に従ってください。
  4. その他注意事項
    • お申し込みは原則として見学希望日の2週間前までとさせていただきます。
    • 安全保障貿易管理のため、日本の滞在が6か月未満の外国人(日本国内の事業所等に雇用されている方を除きます。)が見学者に含まれる場合は、別途手続きが必要になりますので、3週間前までにお知らせください。
    • 研究所内は写真撮影自由となっています。ただし、研究所職員等の顔が特定されるような写真撮影はご遠慮願います。また、動画撮影(音声の録音等を含む)についてもご遠慮願います。
    • 研究所内は禁煙となっています。また、飲酒後の見学はご遠慮願います。構内は広く、かなりの距離を歩きますので、なるべく動きやすい服装でお越しください。
    • 食堂のご利用はできませんので、ご了承願います。
    • 見学のお申込みを受け付けた場合でも研究所の都合により延期やお断りをすることがございますので、ご了承願います。

上記(1)から(4)についてご確認の上、下記【申し込み方法】からお申し込みください。また、(3)について、ご理解、ご協力いただけない場合、ご来場をお断りすることがございます。皆様のご協力をお願いいたします。

参考

実験期間中は、機器の都合によりご希望にそえない場合があります。あしからずご了承ください。

以下のページもご参照ください。
重水素実験最新情報

見学コースのご案内

実験・研究施設をぐるっと一周ご案内します。

標準コース

概要ビデオ紹介

核融合科学研究所では、大型ヘリカル装置(LHD)で、高温高密度プラズマを生成し、将来、核融合炉を実現するために必要な学術的基礎研究を行っています。 「核融合の原理や燃料は?」「プラズマって何?」「LHDの実験とは?」など、まずは、核融合について分かりやすく紹介したビデオをご覧いただきます。

制御室

核融合科学研究所では、大型ヘリカル装置(LHD)で、高温高密度プラズマを生成し、将来、核融合炉を実現するために必要な学術的基礎研究を行っています。 「核融合の原理や燃料は?」「プラズマって何?」「LHDの実験とは?」など、まずは、核融合について分かりやすく紹介したビデオをご覧いただきます。

ドーム(展示コーナー

装置はとても大きく、複雑な構造をしているため、模型や写真を使って装置のしくみをご説明します。

液化機室(液化機・LHD試作品)

超伝導コイルを冷やすための液体ヘリウムを製造している部屋です。また、LHDの試作品や歴代の実験装置が展示してあります。

オプションコース

A ~ C の3つのうち、最大2つまでお選びいただけます。

A 真空実験

空気のない世界(真空)での、いろいろな現象を観察できます。どうなっちゃうのかな?

B 超伝導列車実演

磁石でできたレールの上を、列車が浮き上がりながら走りまわります。速く走っても脱線することはありません。超伝導の不思議な現象を体験することができます。

C バーチャルリアリティー

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間休止します。

普段は入ることのできないLHD装置の中を、 バーチャル(仮想現実)の世界で探検しましょう。 実物大に映し出された立体映像の中を特殊な眼鏡をかけて歩き回ります。

お申し込み方法

施設見学をご希望の方は、2週間前までに希望の日時等を下記のフォームにご登録下さい。担当者が実験スケジュールや装置メンテナンスの日程などを確認し、お申し込み後、3日以内(休日を除く)に確認のご連絡をさせて頂きます。
見学の空き状況の確認など、日時等がお決まりでない場合の各種お問い合わせについては、下記の連絡先までお電話ください。

お電話またはFAX
<受付時間 / 平日9:00~16:00>
連絡先 TEL:0572-58-2069  FAX:0572-58-2601

見学申し込み用紙のダウンロード

※その他見学に関してご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お問合せ先

〒509-5292 岐阜県土岐市下石町322-6 核融合科学研究所 広報見学室

TEL:0572-58-2069   E-mail:kengaku2069@nifs.ac.jp